ホーム > 14.よくある質問(その他編) > ▼Q.157 経営改善計画が大幅な未達成となってしまう見込み。 どれだけ問題になってしまうのでしょうか?
 

▼Q.157 経営改善計画が大幅な未達成となってしまう見込み。 どれだけ問題になってしまうのでしょうか?

2016-02-10


▼A.157
経営改善計画上の売上や損益が、どうしても大幅な未達成となってしまう見込みです。
来期以降の改善は進みますが、どれだけ問題になってしまうのでしょうか?

一般的には、経営改善計画における目標は80%の達成が目処とされており、
売上・利益などの損益計画においても同じように考えられています。

それ以下の達成率になれば、それだけで全て台無しになる、という程ではないにせよ、
未達成要因や今後の対応についての説明は必要になるでしょう。

ただし、金融機関側でも、単純に計画達成だけを要求することに意味はないことを理解しているため、
特に平成27年ごろからは、自社の努力により前年よりも損益が改善し、
黒字化に成功した・黒字化への道筋が見えたという説明を、
現実的に行うことができる企業に対しては弾力的に対応するようになっています。
大事なことは、自助努力でできる改善点については間違いなく実行し、数字で表わすことにあります。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示