ホーム > 09.経営全般 > 「シャープ、大幅減資で累損を一掃』 の仕組みついて 」 コンサルタント坂将典の日誌
 

「シャープ、大幅減資で累損を一掃』 の仕組みついて 」 コンサルタント坂将典の日誌

2015-05-25

2015年05月09日の日本経済新聞のWeb版で「 シャープ、資本金1億円に 大幅減資で累損を一掃 」の記事が掲載されました。

 「 シャープ、資本金1億円に 大幅減資で累損を一掃 」

(以下、一部抜粋です)

 シャープ、資本金1億円に 大幅減資で累損を一掃 
 
経営再建中のシャープの財務改善策が8日わかった。主力2行に対する優先株発行などで資本を拡充する一方、1200億円以上ある資本金を1億円に減らし、累積損失を一掃する

 
※尚、資本金額は、中小企業化することに批判が出て、結局5億円で落ち着きそうです。

顧問先の経営者からも質問があったのですが、「減資」によって「債務超過」が解消されるわけではありません。
記事の書き方もわかりにくいこともあるのですが、債務超過解消の効果があるのは、第三者割当による「増資」です(みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行で2千億円)。

これにより、債務超過を解消します。「減資」は、資本の部の中の移動に過ぎません。
下記、シャープの平成27年3月期 決算短信の P4・P24 を見ていただくとわかりやすいです。

 平成27年3月期 決算短信

減資だけでは、資産を増やすこともなく、負債を減らすこともないことにご留意ください。


「コンサルタント坂将典の日誌」の過去記事をご覧になりたい方は
  ↓ ↓ ↓
 コンサルタント坂(ばん)将典 の日誌:目次


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示