ホーム > 04.銀行対策 > 「厚年基金、76%が解散方針 10月末時点」 コンサルタント坂将典の日誌
 

「厚年基金、76%が解散方針 10月末時点」 コンサルタント坂将典の日誌

2014-12-22

「厚年基金、76%が解散方針 10月末時点 」 コンサルタント坂将典の日誌

2014年12月10日の日本経済新聞のWeb版で「厚年基金、76%が解散方針 10月末時点」に関係する記事が掲載されました。

 「厚年基金、76%が解散方針 10月末時点」

(以下、一部抜粋です)

 厚年基金、76%が解散方針 10月末時点 
 
企業が従業員のために設けた厚生年金基金の解散が増えている。10月末時点で存在した全国494の厚年基金のうち76%(377基金)は将来、解散する方針を決めていた。
 
解散する377基金の内訳は、すでに解散方針を議決したところが296基金。国から借りた資金を返して事実上解散し、確定給付企業年金などに移ることを決めたのが81基金だ。

 
多くの厚生年金基金に加入していた企業で、潜在していた簿外債務が、顕在化することになりそうです。

これによって、プラスだった純資産がマイナスとなり、債務超過に陥る企業は要注意です。

金融機関の見方が厳しくなることが想定されます。
事前に、厚生年金基金の解散による企業負担額を把握し、純資産に与える影響を認識しておいてください。


「コンサルタント坂将典の日誌」の過去記事をご覧になりたい方は
  ↓ ↓ ↓
 コンサルタント坂(ばん)将典 の日誌:目次


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示