ホーム > 12.用語集 > 【用語集】リスケジュール
 

【用語集】リスケジュール

2015-08-11

リスケジュール

金融機関にとってよりリスクが高まる形での返済条件の変更。具体的には、返済金額の減少、完済日の延期。基本的には利息の支払は行う。格付けとしては「要管理先」に低下し、所謂不良債権となるが、中小企業金融円滑化法により経営改善計画の策定により、それを免れる可能性は大幅に広がっている。正規のリスケジュールの取扱であれば、それは「返済条件変更契約」によって行われる正常の取引であるため、金融機関以外に対してはそれが開示されることは殆どなく、保証人のクレジットカードが突然使えなくなる、等の影響はない。一方、リスケジュールを実行した場合には、その後の新規融資については大幅な制限が発生するため、その返済条件の設定については慎重な検討が必要である。但し、一部においてリスケジュール中であっても新規融資を得られる手法もあるため、借入条件や借入先・その時点での財務内容をトータルに判断した資金計画の中の一環として、その可否を検討するべきである。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示