ホーム > 12.用語集 > 【用語集】債務者区分
 

【用語集】債務者区分

2012-10-25

債務者区分とは

債務者区分とは、信用格付に基づく債務者区分のことで、金融機関が債権を保有する先の財政状態に応じて、それらを区分するもの。区分に応じて、その債務者に対する貸出債権に関する貸倒引当額が異なる。

正常先:業績が良好であり、かつ財務内容にも特段の問題がない債務者

要注意先:
– 金利減免・棚上げを行っているなど、貸出条件に問題のある債務者
– 元本返済もしくは利息支払が事実上延滞しているなど履行状況に問題がある債務者
– 財務内容に問題がある債務者
– うち、金融再生法に基づき、要注意先債権のうち元金または利息の支払が約定支払日の翌日から起算日として3ヶ月以上延滞している債権(3ヶ月以上延滞債権)、及び経済的困難に陥った債務者の再建・支援を図り、当該債権の回収を促進すること等を目的として、債務者に有利な一定の譲歩をした債権(貸出条件緩和債権)については、要管理債権として管理すべきとされる

破綻懸念:現状、経営破たんの状況にはないが、経営難の状態にあり、経営改善計画等の進捗状況が芳しくなく、今後経営破たんに至る可能性が大きいと認められる債務者

実質破綻先:法的・形式的な経営破たんの事実は発生していないものの、深刻な経営難の状態にあり、再建の見通しがない状況にあると認められるなど実質的に破綻していると認められる債務者

破綻先:法的・形式的な経営破たんの事実が発生している債務者


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示