ホーム > 12.用語集 > 【用語集】期限の利益の喪失
 

【用語集】期限の利益の喪失

2012-06-07

期限の利益の喪失とは

定められた理由を満たされた場合、期限の利益は喪失し、債権者(金融機関)は債権(融資)の一括返済を要求する権利を持つことになる。その事由は大きく分けて「当然喪失」「請求喪失」の二つに分かれる。

当然喪失事由:
1.支払の停止または破産、民事再生手続開始、会社更生手続開始、会社整理開始もしくは特別清算の申立があったとき。
2.手形交換所の銀行取引停止処分を受けた時
3.債務者、もしくはその保証人が債権者に対して持つ債権について仮差押、保全差押または差押の命令・通知が発想されたとき。
4.債務者の所在が不明となったとき。

請求喪失事由:
1.債務の履行を地帯したとき。
2.担保の目的物について差押・または競売手続の開始があったとき。
3.債権者に対する約定を違反したとき。
4.債務者の保証人が、他の喪失事由に該当したとき。
5.債務者が債務の弁済に支障をきたす相当の事由が発生したとき。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示