ホーム > 04.銀行対策 > ある会社の1コマ <メインバンク変更>
 

ある会社の1コマ <メインバンク変更>

2011-12-21

M社のメイバンクはH銀行でした。
借入が増加していき追加の融資を申し込みましたが断られました。
同時に国金(現;日本政策金融公庫)にも申し込みを行い、1000万円の融資を受けることになりました。
今までは、H銀行に入金し、返済も行っておりましたが今回はK銀行に入金を行い、返済も行いました。
K銀行とは、クレジットカードの引落しぐらいでほとんど取引はありませんでしたがこの件をきっかけに副支店長が来社され会話をするようになりました。

ある日、K銀行よりM社は技術力があり、取引先も大手であるので融資の検討をしたいとの連絡がありました。
内容は、保証協会付けはもちろんですがプロパー融資も同時に行うので、H銀行の融資を全て肩代わりし、新規融資を実行するとの話でした。

以前からH銀行の対応に疑問を持っておりましたので、話を進めることにしました。
K銀行の支店長は積極的な人で、何度もM社に足を運んで頂き、好感のもてる人でした。

問題は、保証協会です。
保証協会の了承はK銀行支店長が自ら出向いて頂き、了承を得て頂きました。
M社社長・担当者も保証協会と打合せを行い、借り換えをするという事は数年はH銀行とは取引できないと思ってください。いいですね!と念を押されました。

いざ実行の日、社長と担当者はH銀行に出向き借入を全額返済したいとの意向を伝えると、H銀行担当者は怒り心頭でした。貴社がどうなっても知らないぞ!君らは解ってやっているのか?と言われましたが社長と担当者は感情を抑え淡々と宜しくお願い致しますと言って返済をしました。

後日、H銀行 支店長と担当者がM社に来社され担当者はぐったりとした感じでした。
支店長より銀行人生で5000万円を行き成り他行に取られる事は、1回あるかないかなんです。と言われ担当者に悪いことをしたなーと思いましたが気分屋で対応の悪い事にうんざりしておりました。(全て担当者が悪いわけではないのですが)
K銀行とはその後も良好な関係を気付き、追加融資もスムーズに行って頂きました。
様々な銀行と取引しておくことで不測の事態を回避できる事があります。

担当者が来社されたらチャンスと思い、自社のPRをし興味を持ってもらうよう仕向ける。
また、銀行に挨拶に行くのも良好な関係を築くことも大切なことです。


「小林 憲司のある会社の1コマ」の過去記事をご覧になりたい方は
  ↓ ↓ ↓
 小林 憲司のある会社の1コマ:目次


お問い合わせ


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示