ホーム > 08.組織 > ある会社の1コマ <自社保有技術>
 

ある会社の1コマ <自社保有技術>

2013-09-24

愛知県では台風が直撃し各地で被害が出たようですが皆様、被害はなかったでしょうか?
最近は異常気象などと言われていますので、早めの対策を行ってください。

今回は、私が経験した社内の技術を利用し、製品開発を行った話をさせて頂きます。

M社は、プラスチック成形(FRP)を行っている会社です。
I社とソーラーパネルの商品開発を行っていました。

大手電機メーカーが開発した、アモルファスをフィルムで包むことで今までにはなかった形状が可能となるソーラーを活用し、形状・用途開発が始まりました。

第一段の試作は、φ700のソーラーをサンドイッチした製品です。
まずは、型の手配ですがガラスをφ700に曲げたものは、納期;1ヶ以上,価格も10万円以上の特注品です。納期、価格ともに考え込む内容です。
型をアクリルに換え7万円、納期も1週間に短縮でき試作が開始されました。

アールが小さいため、樹脂抜けがおこる、製品端のエアーが抜けないなどの問題がおこり、上型を製作し、対処しました。
ただ、満足のいく製品ではありませんでした。

M社の技術者、3名は途方に暮れましたが、ふと 逆の発想が浮かびました。
成形は、ガラス板の上で行うことを考えました。
ガラス板の上にフィルムを敷き、その上にFRPを積層する。またその上からフィルムで抑え込むという成形です。
成形後、フィルムごとR形状の型に移動し硬化させる工法です

この工法を採用し多品種少量生産を低価格で実現でき、短納期対応を行うことが可能となりました。

M社は、フィルムを使用し製品製作をしており、その応用を行ったことが大きな壁を打ち破ることとなりました。

各企業は、様々な技術、工法を保有、活用してされております。
いかに新たな製品に果敢に挑み、発想の転換を行うかが重要ではないでしょうか?
ちょっとしたことがヒントになります。
日頃から製品製造に関して、皆で話し合いどのようにしたら効率よく生産が可能か考える場を設けてもいいのではないでしょうか!!


「小林 憲司のある会社の1コマ」の過去記事をご覧になりたい方は
  ↓ ↓ ↓
 小林 憲司のある会社の1コマ:目次


お問い合わせ


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示