ホーム > 15.メルマガバックナンバー > キャッシュフロー計算書 -2017年04月05日号
 

キャッシュフロー計算書 -2017年04月05日号

2017-04-05

『キャッシュフロー計算書』

今回は、キャッシュフロー計算書についてお話しさせていただきます。
今後キャッシュフローについてはCFにて記載させていただきます。

CF計算書というのは、
「実際のお金の流れであり、会社の実態を表す財務表」であると思います。

CF計算書には、

営業CF(営業活動による)、投資CF(投資活動による)、財務CF(財務活動による)

の3つから構成されています。

これらの計算書を検証することで、企業のお金の流れを把握する事ができるのです。
ではこれらのCFについて個別にご説明させていただきます。

○営業CF(営業活動によるもの)
 営業CFとは、本業による収入と支出の差額を表します。
 つまり、本業を行った結果に、手元のお金がいくら増えたか(…あるいは減ったか)
 がわかる項目です。
 この項目の合計額がプラスの企業は、本業が順調に行っている証拠となり、
 逆にマイナスの企業は、
 本業で苦戦しており、現金不足で苦しんでいることがわかります。
 営業CFのマイナスが続く企業は、注意が必要であると考えます。

○投資CF(投資活動によるもの)
 投資CFとは、固定資産や株、債券などの取得や売却をした時の現金の流れを表します。
 通常、営業活動を行っていくためには、設備投資などの固定資産への投資が必要であり、
 優良企業は、投資CFはマイナスになる事が多いです。
 つまり、設備投資の為にお金を使用する事からマイナス表記になり、
 反対にプラスの場合は、企業が持っている設備や、
 株、債券などを売った金額が投資分を上回っていることを示すのです。

○財務CF(財務活動によるもの)
 財務CFとは、お金の不足分をどう補ったのかを表します。
 借金を返済した場合は、マイナスになります。
 反対に借入金等で資金調達すればプラスになります。
 優良企業は、財務CFはマイナスであることが多いのですが、
 企業の業績が悪いのに金融機関に返済を迫られてやむなく
 マイナスとなるところもあるかと思います。
 積極的に成長を目指す企業は、
 借入金などの資金調達も多くなりがちでプラスになることもありますので
 判断する場合には注意が必要です。

上記より、優良企業、業績が悪い企業の特徴は、一般的には下記の様になるかと思います。

○優良企業の特長は
 営業CFがしっかりプラスを出していて、その儲けから投資CF分のマイナスを補い、
 なおかつ借金返済など財務CFのマイナスに当てている。

○業績が悪い企業の特長は
 営業CFがマイナス=本業が苦しい。
 この本業の苦しさを、投資CFのプラスと財務CFのプラスで埋め合わせている。
 手持ちの資産を現金化し、さらに資金調達もおこなっているのです。
 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示