ホーム > 15.メルマガバックナンバー > バンクミーティングは、本当に必要? -2017年03月22日号
 

バンクミーティングは、本当に必要? -2017年03月22日号

2017-03-22

◎バンクミーティングは、本当に必要?

数年前までは、かなりの大事
(例えば、数億円以上の粉飾の開示や、銀行ごとの対応が
異なり過ぎて、個別交渉による解決が困難、など)
の時に、やむを得ず行う、という感が強かったのですが

ここしばらくは

・借り手にとっては、特に取引銀行が多い場合、一つ一つ
 訪問して交渉するよりも時間的にも手間としても効率的

・貸し手にとっては、特にメインバンクを中心に
 他行が間違いなく同様の支援方針でいるのかどうか
 確認することができる
 また、「自分たちだけが知らない事実がない」ことを
 確認できる

というメリットが着目されて、
より積極的に活用されるようになっています。

私としても、特別変わったものではなくなった、
必要があって、それで各銀行が納得してくれるのなら、
やりましょう、というスタンスです。

◆迷惑な場合もある

しかし、困ったことになる場合もあります。

特別、揉めている何かがある訳ではないのに、

「バンクミーティングをやってください」

と必ず要請をいれてくる銀行。特に下位行。
どうして、と聞くと

「他の銀行の対応を確認したい」

いえ、問題ないですよ、そんなこと聞いてくるの
お宅様だけなんですけど?

「いえ、本部からの指導で…」
「稟議が通りやすいので…」

一番極端なのは〇岡銀行でしょうか。
ほぼ全件、バンクミーティング開催を依頼してくる
ように思われます。

◆かわし方は、ある

既に合意形成が十分にある状態で、
さらにバンクミーティングというのは、その企業を信じていない
ばかりか、
無駄に時間と手間を浪費することですので、
とてもお勧めできるものではありません。

信じる、信じないは貸し手判断ですから、最悪
やむを得ないとしても
セレモニーとして、稟議を通すためだけにやってくれ、というのは
もはや営業妨害でしょう。

とはいえ、そのまま言うと角が立ちますので…、そんな時は

「バンクミーティングをお求めであれば構いませんが、
 現在、他全ての銀行からは不要と言われていますので
 御行の取りまとめでやっていただくことになりますが
 よろしいでしょうか」
「また、他の全ての銀行は現状で了解をいただいておりますので、
 「なぜ御行がバンクミーティングを行うのか」
 その説明をお願いすることになりますが、よろしいでしょうか」

と言えば、大概なかったことになります。
バンクミーティングは、「主催者」が必要で、概ね
借り手自身とメインバンクになります。
また、「なぜ行うのか」議題が必要です。

◆やるべきかどうかは、真に必要かどうか

道義上、「やってほしい」というのなら、
主催とテーマをお願いすることは、当然ですよね?

こうなると、バンクミーティングを無理に開催させようと
する銀行は、他の銀行から

「なんでわざわざやるの?私たちは合意しているよ?」
「なんで、話を複雑にしようとしているの?反対したいの?」

と集中砲火されるのが明らかなので
「やりたくとも、自分が主催ではやりたくない、やりようがない」

のです。
何より、メイン・主力銀行との合意が図れれば、後は本業に
まい進するべきです。
セレモニーのみのバンクミーティングは、不要でしょう。

不必要なら、胸を張ってお断りしていただいて、OKです。
 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示