ホーム > 15.メルマガバックナンバー > リスケを解除するタイミング -2019年04月18日号
 

リスケを解除するタイミング -2019年04月18日号

2019-04-19

『 リスケを解除するタイミング 』

リスケジュールをして数年、限られた資金の中で事業改善に取組み、
銀行から「リスケを解除、正常化しましょうか?」という提案を
いただく企業というのが、増えてきました。

企業の努力の成果として、リスケ解除できるというのは
再生の一つの証であって、ありがたいことではあるのですが…、
昨今、
「リスケを解除したのですが、その後また資金がショートして
 しまう、どうしたらいい?」
というご相談が増えています。

こんな状況は避けなくてはなりませんが
どうして起こってしまうのでしょう?

◆正常化後の返済条件を、慎重に検討しましょう

正常化は、できるものならしたいというのが当たり前ですが、
返済金額をある程度コントロールできるリスケに比べて
正常化は、「一定の返済を行う」ことが前提のため、
リスケを解除すると返済金額が増えることが大半です。

それを「正常化すれば、また借りることができるから」
という思いに捉われてしまって、結局借りることができずに
また返済に振り回されてしまう、という訳です。

銀行から正常化の提案をもらえば、経営者は飛びつきたく
なるのですが、ちょっと待って、その可否を考えなくては
なりません。。

先日ご相談いただいたお客様経営者の場合は、
リスケ中の 月間返済元本:3百万円
リスケ解除後月間返済元本:6百万円

で昨年実行、今年になって新規融資を銀行に断られることで
「これならリスケを継続しておいた方がよかった」
という状況になっていました。

◆銀行側の実情

たいていの銀行は、リスケ⇒正常化を行う企業数や
融資金額が目標化されているため、その後のことを考えずに
「正常化条件を満たしているから、正常化してしまえ」
という判断が発生してしまいます。

また、正常化する際にはマル保を中心に特定の銀行に
融資をまとめてしまうことが多いのですが、まとめた結果

まとめた銀行 :まとめた時点で目一杯の与信をしているため
        それ以上の融資ができない
それ以外の銀行:まとめられた時に返済を受けており、
        取引が中座しているので、改めて融資
        をすることに抵抗がある

ことで、その後の融資が受けられない事態になりやすいのです。

銀行から提案があったからといって、正常化していい
と判断することは危険なのです。

◆正常化していいタイミングを計ろう

専門化が正しく判断のお手伝いをすれば、
・リスケ解除後も、返済金額をキャッシュフロー範囲内に抑える
・リスケ解除後の資金調達力を確認しておく

ことで、この状況を回避することができます。
そのためには、長期的な事業・投資・資金の計画・予測から
必要な調達・返済可能金額を考慮して、正常化の打合せを
銀行とすることが必要です。
「正常化するなら、●●の条件でお願いします」
と、こちら側からも依頼することが大事なんです。

せっかくの正常化ですから、いい形で現実化したいですよね!
正常化が考慮される際には、是非専門家にご相談されて下さい。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示