ホーム > 15.メルマガバックナンバー > リスケジュールからの脱却 -2018年03月28日号
 

リスケジュールからの脱却 -2018年03月28日号

2018-03-29

『 リスケジュールからの脱却 』

■リスケジュール:銀行借入返済の条件変更

A社は、プラスチック製造業です。
5年前、売上減少によりやむなく、銀行と交渉を行い、リスケジュー
ルを行いました。当初は、毎月の返済額を0円としていただき毎年、
受注確保及び経費の削減を行い、徐々に返済額を増やしきました。
銀行との交渉も毎年順調でした。

ただ、売上2億円に対して借入は1億2千万円あり、重くのしかかっ
ていました。返済額も80万円/月→100万円と徐々に増やしてきました。

業績は、上向いているとはいえ、磐石とはいえません。大きな変化が
あればたちまち元の状態に戻ってしまいます。

様々なセミナーに参加し、あるいは税理士、コンサルなどに相談し
対策を考えました。

ある日、保証協会の制度融資を知りました。
なかでもサポート資金【条件変更改善】は

【保証協会HP抜粋】
(融資対象):返済条件の緩和を行っている信用保証協会の保証付き既
       往借入金を借り換え、かつ金融機関及び認定経営革新等
       支援機関の支援を受けつつ、自ら事業計画の策定並びに
       計画の実行及び進捗の報告を行う中小企業者
(資金使途):事業計画の実施に必要な設備資金及び運転資金。
       (保証付きの既往借入金の返済資金のほか、事業計画の
       内容に応じて、当該返済資金以外の事業資金(以下「新
       規資金」という。)を含めることができる。)

借入後の返済期間も9年から15年と選択でき正常返済となります。
また、新規融資も含むことができるという制度を知りました。

早速、金融機関に相談をしました。ただ、メインのB信用金庫は乗り気
ではありませんでした。というより制度自体を知りませんでした。
しかたなく借入残高2番目のC銀行に相談すると2~3日検討後、C銀行で
取り扱いを行いますとの回答でした。
その内容をメインB信用金庫にもちこみましたらあわてて対応しますと
の回答でした。

改善計画書を作成し無事に10年返済(新規融資含む)にて借換を行い、
正常弁済になりました。また、B信用金庫は、他行分の一部をプロパー
にて対応をして頂きました。

経営者として資金調達、資金繰りは頭の痛い問題であります。
ただ、情報収集しあらゆる手段で対応を行っていけば道は開けると確信
をしております。

新年度から金融機関、保証協会の制度が大きく変わろうとしていますので
是非、情報を集めより良い経営にお役立てください。
また、弊社にお問合せを頂いても丁寧に対応をさせていただきますので
よろしくお願いいたします。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示