ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 仕入資金さえあれば売上はいつでも上げられる、という落とし穴 -2017年07月19日号
 

仕入資金さえあれば売上はいつでも上げられる、という落とし穴 -2017年07月19日号

2017-07-20

『 仕入資金さえあれば売上はいつでも上げられる、という落とし穴 』

「銀行が今、これだけのお金を貸してくれれば会社はやっていける」
「売上が上がらないのは、仕入するお金がないから。
 借入の返済にお金がとられていってしまう」

というご相談(銀行への不満)を伺うことが多いのです。

その通りのこともあります。
銀行側が御社の状況を掴み切れていない、と感じることもあります。

しかし、そればかりではありません。
あまりにももったいない形で
仮に借入ができて、売上が上がっても、会社の資金繰りは好転しない
ことが見てとれる会社もよくいらっしゃいます。
社長が、それに気づいていないのです。

◆売上が上がる≠利益が増える

資金的に苦境にある会社は特に、回収を先に行いたいものです。
また、受けられる受注は、片っ端から取りに行く傾向が強くなります。

そうなると、

・目の前の現金回収だけが先に立つので、価格の適正さよりも
 受注をすること自体が優先される。つまり不適正なダンピングに陥る

・利益管理が不十分、納期管理のみが行われ、取引自体が赤字化。
 また、赤字化していることに気づかない

ようになります。また私の知る限り、
経営者はその事実を自ら知ることが困難です。

正直なところ、
無意識で「都合が悪いかもしれない事実を知りたくないので、
これくらいの利益が出ているはず、で済ませてしまっている」
のが本音ではないかと考えています。

しかし、こうなると売上が増えたところで利益は悪化します。
資金繰りも長期的には悪化します。

◆利益の出ない売上が増える=会社の作業量が増えるだけ

行動成長、バブル経済までの世であれば、仕事をしさえすれば
会社に利益は残っていたでしょうけれども
値引き交渉が常に発生している昨今、資金対策という大義名分で
利益をみずに売上だけをみるのは、あまりにも危険です。

なにしろ、「頑張って売上を上げれば上げるほど、赤字が増える」
「数か月後になると、資金繰りはもっと悪化する」
のですから。

これからの企業経営には、身の丈にあった売上に、
適切な利益が得られるよう管理していくことが不可欠なのです。

売上は、ある意味会社の作業量です。
作業量が増えても、残るお金が減るというのは、
あまりにももったいないのです。

どうか、全ての中小企業経営者が「適切な売上」「適切な利益」を
基に、身の丈にあった経営をされていけますように!


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示