ホーム > 09.経営全般 > 「個人のノウハウを会社に残す。」
 

「個人のノウハウを会社に残す。」

2012-10-21

高年齢者雇用安定法の改正で、2013年4月から、希望者に対して、65歳まで雇用することが企業側に求められています(経過措置あり)。

企業は、ゴーイング・コンサーンであり、継続・存続していくためには、人はかかせません。

経験の豊富な社員がいることは心強いですが、その方がずっと勤務し続けれるわけではありません。

その方の経験を企業の財産・ノウハウとして残さねばなりません。
経営者としては、その手法を考えねばなりません。

知識的なこと・技術的なこと・思考的なこと、様々なことを伝えていかなければなりませんが、当然、時間が掛かります。

経営者として、伝承の必要性を認識し、そのことを従業員に伝え、従業員が業務の棚卸しをし、部下へ伝えていくスケジュールを立て、それを適切に実行していく。
こうした流れが必ず必要となります。

今回の高年齢者雇用安定法の改正をきっかけとして、自社のノウハウが、人についているのか、企業についているのか、
を確認してみてください。

今回の記事がご参考になれば幸いです。


「コンサルタント坂将典の日誌」の過去記事をご覧になりたい方は
  ↓ ↓ ↓
 コンサルタント坂(ばん)将典 の日誌:目次


お問い合わせ


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示