ホーム > 04.銀行対策 > 名古屋熱血コンサルタントの日記Vol.31
 

名古屋熱血コンサルタントの日記Vol.31

2018-07-11

皆様いかがお過ごしでしょうか?

先週末に九州から東海にかけて記録的な豪雨となり、各地域の皆様は大きな被害にあわれています。
被害にあわれお亡くなりになられました皆様にお悔やみ申し上げます。

今回は? 今回も? 金融機関の情報を皆様にお伝えします。

金融機関の2018年3月末の融資量ランキングが日本金融通信社発行のニッキンにのっていましたので、当地区の金融機関がいくらぐらい融資をしているのかご紹介させていただきます。全国には556の金融機関があり、メガバンクは上位になりますので、それ以外の金融機関についてご紹介させていただきます。

十六銀行42,335憶円(29位)、大垣共立銀行40,421憶円(31位)、百五銀行31,020憶円(48位)、名古屋銀行24,582憶円(55位)、愛知銀行18,093憶円(67位)、岡崎信金15,842憶円(89位)、三重銀行13,695憶円(96位)、中京銀行13,044憶円(101位)、岐阜信金13,021憶円(102位)、第三銀行12,765憶円(103位)、碧海信金10,423憶円(115位)。

前年対比でみた場合は十六銀行、大垣共立銀行が順位を上げたのに対しその他の金融機関は後退。
この順位の変動は何を意味しているのでしょうか? 積極的に融資をしているのか? 他が融資をしていないのか? 

・・・今回この順位でもう一つ気になったのが、住信SBIネット銀行31,851憶円(47位)、イオン銀行19,594憶円(61位)、オリックス銀行(63位)、ソニー銀行(88位)ソニー銀行以外は大幅に前年対比順位を上げているという事です。
これからは企業に対する融資ではなく個人向けの融資が活発になっていくのか? 個人的には非常に興味があります。事業性の資金を代表者個人が未だに借入をしているのかと・・・

もし金融機関へお願いできるのならば、一部の金融機関へお願いしたいです『もっと企業の事を知ってください! 知ろうとしてください! 興味を持ってください!』と・・・。

経営者の皆様も自社の最大限に自慢できる強みを! 技術を! 設備を! 工場を! 現場を! 金融機関に見てもらってください。その先にはきっと何かがあるはずです。

 何か不安がある方は、エクステンド 名古屋オフィスのヤマナカまでご連絡をお願いします。

 


「名古屋熱血コンサルタントの日記」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
名古屋熱血コンサルタントの日記


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示