ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 所要運転資金を大事に その2 -2018年06月27日号
 

所要運転資金を大事に その2 -2018年06月27日号

2018-06-28

『 所要運転資金を大事に その2 』

◆その会社は、リスケ中でもお金を借りられた

私が担当しているその会社は、リスケ中です。
非常に努力されて、4年前までの赤字体質から、現在は
ほぼ毎月黒字計上できるところに迄、経営改善がされました。

でも、なかなか今以上にはなれない。
リスケ中なので、新規の運転資金の借入ができないことから
新たに仕入を増やすことができなかったのです。

この状況は、1年前からある程度予想されたことでしたので、
社長とともに

「来年くらいには、リスケ中であっても新規で借入ができるように
 今から銀行との交渉をはじめてしまおう」

と動き始めていました。
その結果、今回数千万円もの新規運転資金を
リスケを継続したまま、受けられることが決まりました。

◆所要運転資金を、毎月示す

この会社は、毎月前月の試算表その他の資料を提出していましたが
その際に、所要運転資金の状況も毎月添えました。

       4月   5月 ~ 9月 ~ 3月
受取手形    55   50   77   27    
売掛金    119  117  135  158  
棚卸資産   114   79   99   76
買掛金    112  110  105  139  
所要運転資金 177  136  206  122

この会社は月によって所要運転資金が大きく変わることを
アピールし続けました。

平均的な月ならば、所与運転資金は150百万程度なのですが
少ない月は120百万円程度
多い月は200百万を超えるのです。

問題は、決算月は「所与運転資金が少ないこと」。

決算書だけで判断されると、運転資金は少ない=資金負担が少ない
だから大丈夫、
とされてしまうことを予想して、そうならないように

「決算月の所要運転資金はこれだけだけれど、
 月によってはこんなに必要になる」

ことを、毎月念押しして

「今年も計画利益を達成するためには、所要運転資金が大きくなる
 ところに合わせて融資を得られたらいいんだけれど…」

と銀行に伝え続けた結果、取引銀行の内2つが
リスケ中であっても、新規融資を行いたい、と申し入れをするに
至りました。

◆毎月伝える?意義

会社が利益を出していることが前提とはいえ、
将来的に必要になることを見越して
1年がかりでの取組みでしたが、元々銀行融資が
困ってから申し込みしても望み薄であることは
広く知られていること。

だからこそ、前回りして対応できた見本のような形になりました。

毎月試算表を出すこと自体の意味は、やらないよりまし、という程度。

しかし、試算表を出しながら「当社は将来的にこれだけ必要」と
示し続けることには、大きな意義があります。

融資を受ける信用は、積み上げていくものなのですから。

御社におかれても試算表を出すなら、ただ出すだけではなく、
将来的な構想や、今の実績を合わせて
銀行に報告されると、将来的に資金に困らない経営ができることでしょう。

以前に比べれば、リスケ中でも融資を得られる余地は
拡がっています。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示