ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 新しい評価手法「ローカルベンチマーク」 -2016年06月29日号
 

新しい評価手法「ローカルベンチマーク」 -2016年06月29日号

2016-06-29

『 新しい評価手法「ローカルベンチマーク」 』

今年3月4日、第4回「未来投資に向けた官民対話」において
安倍総理は地域企業の経営診断の指標として
「ローカルベンチマーク」を活用した制度設計を指示しました。
この目的は、
「地域の金融機関や支援機関が企業と対話を深め、
担保や個人保証に頼らず、
生産性向上に努める企業に対し、成長資金を供給するように促す」
(安倍総理発言抜粋)ことにあります。

また、企業経営者等と金融機関、支援機関の対話を深める
入り口として使われることとされており、
金融機関等が独自の視点でより深い対話・理解をすることを
認めつつも、入り口=大前提としてローカルベンチマークが
利用されることが明示されています。

この、ローカルベンチマークという新たな評価手法においては
これまでの金融機関の中小企業評価とは異なる切り口での
財務指標が採用されています。

◆キーワードは「稼ぐ力」「生産性」
————————————————————

既に公開されている資料を調査・確認する限り、
提示されている財務指標は今のところ6つあります。

1.売上増加率 ((売上高/前年度売上高)-1)%
2.営業利益率 (営業利益/売上高)%
3.労働生産性 (営業利益/従業員数)%
4.EBITDA有利子負債倍率
  ((借入金-現預金)/(営業利益+減価償却費))年 
5.営業運転資本回転期間
  ((売上債権+棚卸資産-買入債務)/月商)月
6.自己資本比率(純資産/総資産)%

これら6つの指標を見て、どう思われますか?

「当期利益」が1箇所も使われていないですよね。
会社が最終的に残す利益ではなく、本業で稼いだ利益に
焦点が当たっています。

一過性の特別損益や、本業とは関係のない営業外損益の前、
営業利益をもって評価することが、これまでと大きく
異なる点の一つです。
実務上では、最終的な当期利益は変わらないからといって
特別損益を活用してこなかった中小企業は数多くありますが
そればかりでは、今後はわざわざ過小評価されることに
なりかねないことにご注意下さい。

また、労働生産性については、一般的な財務分析においては
元々重要指標でしたが、融資の可否判断においては
殆ど採用されることがなかったものです。
今回スポットライトがあたることになりますが、
このポイントは、企業にとって最大の資産であり、
コストでもある「ヒト」が、真に有効な資産として
活用されているか、活用できている企業であるかどうか
を問うものでしょう。

どの金融機関でも共通の融資の五原則というものがあり、
安全性、収益性、流動性、公共性、成長性、の5つとされています。
ローカルベンチマークの採用により、
収益性については「本業の収益」という側面が強調され、
また新たに「生産性」という6つ目の原則が追加される、
そのような理解でよいでしょう。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示