ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 新東名の開通効果 -2016年03月02日号
 

新東名の開通効果 -2016年03月02日号

2016-03-02

『 新東名の開通効果 』

新東名の新区間(浜松・いなさから豊田東)が
2月中旬に開通して数週間経ちましたね。

今までの東名高速は、
音羽蒲郡や岡崎の辺りでかなりの渋滞が発生する場所でした。
新東名の開通前は、1日当たり1回から2回は渋滞が
発生していました。(年間600回ほど)

でも、開通後、東名高速の渋滞はほぼなくなったということです。

ビジネスやプライベートで、車を使う方にとっては朗報ですね。

新東名の話は、「車の流れが良くなった」と言う話ですが、それに
絡めて、「業務の流れの話」を今回はしていきます。

「業務の流れ(業務フロー)も渋滞を起こしていないか?」そして、
「その改善はできるのか」についてお話します。

会社の業務の中で、「なぜか、ミスが起きやすい業務」があったり、
「いつも残業ばかりしている」と言うことがあったりします。

その原因の多くが、業務フローが「渋滞」を起こしている可能性があります。
東名の渋滞と同じです。流れが滞る業務になっているので、「渋滞」が
起きやすい(ミスや業務の時間がかかる)のです。

東名の横に新東名を開通させれば渋滞が減るように、
業務フローも改善を加えることで、劇的に変化するようになります。

でも、短期的な視点で改善しようとしてもなかなか上手くいきません。
それは、根本的な流れに原因がある場合が多いからです。

道路でも同じですね。短期的な改善も必要ですが、
道路と言うインフラを整えていくのは、やはり、長期的な視野で整備が
必要なのです。

つまり、業務改善も短期的な視点だけでなく、
長期的な視野で取り込むと、改善出来やすくなるのですね。

長期で改善をすることによって、大幅に、ミスや業務時間が減ることに
なります。

よって、長期的にはかなりの経費削減にも繋がることになります。
業務改善を長期的視野で、取り組んで見ませんか?


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示