ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 看板のない飲食店 -2015年03月04日号
 

看板のない飲食店 -2015年03月04日号

2015-03-13

『看板のない飲食店』

例えば、看板のない飲食店があったらどう思いますか?

・・・

と言うか、看板が無いので、そもそも存在すら気づかず、「どうとも思わない」が答えかも知れません。

つまり、看板が無ければ誰も気づかないし、入って来れないのです。
いくら美味しい料理や良い接客をしても、誰も気づきません。

ちなみに、元々「看板のない招待客しか入れない料理店」があるじゃないかという反論もあるかもしれませんが、そのお店は、実際の看板はないけれど、そういう「招待客しか入れないという看板(=キャッチコピー)」でやっているのです。

つまり、キャッチコピ―があるかないかです。

これは飲食店に限らずどの業種でも同じです。

お客様が自分の会社・お店のことを知るキッカケが無ければ、その後もないのです。

実は、これは会社やお店だけでなく、広告文や事業計画書、企画書などの文章でも同様です。

すべて読んでくれる前提で書いているかもしれませんが、文章で言えば、最初の入口部分のキャッチコピー(お店で言えば、看板)で興味を持たれなかったら、最後まで読んでもらえる保証はないのです。

どんな良い商品でも広告を最後まで読まれなかったら買ってもらえませんし、どんな良い会社でも事業計画書を読まれなかったら融資もされません。

だから、看板は大事ですし、キャッチコピーは大事なのです。

もちろん、看板だけで大きくても、料理や接客がダメなら売上があがらないように、キャッチコピーだけ良くても、ダメですが。。。

料理が美味しい、商品良い、接客が良い、会社が良いと言いう前提で、入口(看板やキャッチコピー)を分かりやすくしてあげるだけで、実は、売上が飛躍的にあがることも多いのです。

ぜひ、入口部分(看板やキャッチコピーなど)を見直してみてください。
見直しのご相談も承ります!。
→ mailto:hirano@financial-i.co.jp

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示