ホーム > 07.営業強化 > ある会社の1コマ <短納期の受注で人脈をフル活動>
 

ある会社の1コマ <短納期の受注で人脈をフル活動>

2012-04-24

名古屋では、桜が散り新緑の季節となり、過ごしやすい日々が続いています。
1年で一番過ごしやすい季節ではないでしょうか?

今回は、製品を短納期で受注し、人脈をフル活用し完納したというお話をさせて頂きます。

M社は、自社でプラスチック成形を行っておりましたが、同時に協力工場に製品の製作を依頼しておりました。

大手造船メーカーより遊園地向けボートの製作依頼がありました。
5月連休に合わせ、納入をしてほしいとの要望でした。
最初は、断りました。
理由は、短納期でとても対応できないというのが理由でした。

しかし、大手造船メーカーも短納期、形状が複雑、技術的に解決しなければならない問題があり、どこも引き受けてくれませんでしたので、納期を延ばしていただく、形状変更をお願いし、引き受けることとしました。

発注元も含め連夜の打ち合わせを行うと同時に、原形型の引き取りを行い、協力先に緊急で型の生産を行っていただきました。
納期3日で仕上げて頂きました。(通常は1週間以上必要)

製品の生産を開始しましたが、背板合わせ部分の取り扱いをどうするのかが最大の問題点でした。
何度も材料のテスト、取り付け方法を協議しました。

それぞれ分野で活躍している人たちなどの様々な提案がありましたがなかなか決まりせん。
試作品を何個も作りメーカー側と幾度となく打合せを行い、仕様が決定しました。

ノウハウの蓄積にもなりましたし、今後の協力体制も構築できました。

5月連休は遊園地に大勢のお客様が来場され、ボートには問題なく楽しんで頂きました。
我々の取組姿勢をメーカー様が評価していただき、その後も受注を継続的にいただきました。

■製品問い合わせの際、自社では無理だと判断するのではなく、自社でも協議、協力先などに問い合わせを行い、どうすれば可能かを提案することで、技術力の向上、取引先との人脈形成、社員の意識向上に繋がっていきます。
[できないと言うのは簡単ですがどうしたらできるのかを提案することが大切です]

■自社の技術力、強みを再認識することで、断っていた仕事も逆提案により、客先の信頼度をUPする良い機会ととらえチャレンジすることで新たな領域踏み出せるのではないでしょうか!


「小林 憲司のある会社の1コマ」の過去記事をご覧になりたい方は
  ↓ ↓ ↓
 小林 憲司のある会社の1コマ:目次


お問い合わせ


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示