ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 突然会社が解散する? -2016年07月06日号
 

突然会社が解散する? -2016年07月06日号

2016-07-06

『 突然会社が解散する? 』

経営者の意思とは別に「突然会社が解散」するなんてことがあるので
しょうか?

実は、あります。

株式会社は、最後の登記が行われて次の登記が12年以上されないと、
「休眠会社ではないか」と思われて、法務省の整理の対象となります。

法務省からの公告・通知書が来た段階で、すぐに、登記または届け出を
すれば、大丈夫なのですが、そこから2カ月放置すると、
「みなし解散登記」がされてしまいます。

と言っても、しっかりと法令を守っている会社は何の心配もありません。
会社法でも、最長で10年以内には役員の登記が行う必要がありますので、
忘れていない限りは、12年の範囲には引っかからないからです。

でも、商法時代には役員登記は短かったのですが、会社法の施行で、
役員任期が最長で10年にすることが可能となりました。10年と長い期間で
忘れがちですので、忘れないように注意しましょう。

そして、今年が、ちょうど会社法施行されて10年近くたちますので、
そろそろ役員の変更登記が必要な会社も出てきます。
役員の任期を10年にしている会社は、この辺を注意したほうがよいで
しょう。

「みなし解散」にならないようにと言う前に、まずは会社法などの
法令を順守することに注意をしてくださいね。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示