ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 経営会議という名の家族会議 -2018年07月11日号
 

経営会議という名の家族会議 -2018年07月11日号

2018-07-12

『 経営会議という名の家族会議 』

職業柄、所謂、経営会議に参加させていただくことがよくあります。

弊社のお客様は中小企業ということもあり、経営会議といっても、
実態は家族会議ということが多いです。

なかなか、ご家族同士ですと、感情が先んじてしまい、深いところ
までお話が到達しないということもあります。

そうした中、第三者の立場から参加させていただくことで、深耕の
ある議論ができることが多々あります。

親子間であったり、兄弟姉妹間であったり、

利益が出ていたり、赤字続きであったり、

その場で喧嘩が始まってしまったり、

様々な状況の場におじゃまさせていただきます。

ただ、いろいろな確執があるでしょうが、皆様は共通の目的を持っ
ていることが大半です。

会社を存続させたい、今より状況を少しでも良くしていきたい、
そうした考えを皆様が持っています。

たまたま、お立場が違っていたり、背負っているものが異なって
いたりすることで、関係がこじれてしまうことが起こってしまいます。

でも、繰り返しになりますが、皆様は共通の目的を持っていること
が大半です。

以前に、こんな経営会議に参加したことがありました。

その企業様は、旦那様とその奥様とで経営をなされてきたのですが、
旦那様が逝去されてしまい、奥様が代表者になることで、何とか会社
を存続させてきました。

しかしながら、売上高が徐々に減少してしまい、親族ではない他の
取締役もうまいこと機能しなかったようで、悩まれた末に廃業する
ことを決断しました。
(亡くなられた旦那様から引き継いだ会社ですので、おつらい決断
 だったと思います)

廃業手続きの過程で、いろいろと資産を処分していかれたのですが、
不動産が入り組んでおり、処分が難しいことが判明し、途方に暮れ
てしまいました。

その状況をお子様である息子様と娘様が知って、今後、どうしたら
よいのか相談したいということで、自分にお声掛けいただき、経営
会議を執りおこなうことになりました。

代表である奥様は、廃業を決断したこと、その廃業することさえ
難しいこと、といった緊張感のある事態が重なり、ご気分が優れ
ないということで、この経営会議は息子様と娘様と自分の3名で
おこなうことになりました。

もう3~4年前のことになりますが、当日の息子様と娘様の表情は
鮮明に覚えております。
(自分とは初顔合わせで、しかも、いきなり重い議題でしたので
 仕方ありませんね)

緊張感のある表情の中に、お母様を何とか助けたいという真剣な
まなざしがありました。

自分からは、現状の確認、このままいった場合のメリットデメリ
ット、一般的な法的リスク・税務リスク等、を説明させていただき、
それらについてのご質問を受け、回答させていただきました。

しばし、いろいろな角度から協議した結果、息子様と娘様は最終
的に会社の存続を選択しました。

ご自身たちもお仕事がありますが、お母様のお手伝いもおこなって
いくということで、方向性が決まりました。

確かに小さな会議体ではありましたが、廃業から存続に転換すると
いう大きな決断ができた非常に有意義な会議でした。

家族会議でも十二分に経営会議の様を呈していました。

やはり会議というのは決定の場ですね。それも早く決定するという
ことです。
(間違ったのがわかれば、速やかに訂正を決断すればよいですし)

こうした経緯もあり、自分もご支援させていただくことになったの
ですが、今ではこの時の経営会議メンバーにお母様が参加しています。

お母様の参加で、より決定のスピードが増しました。

冷静にお話し合いができる環境を整えるという意味でも、我々、
コンサルタントをうまく活かしていただければと思っています。

参加者のご意見を整備することで、見えてくるものがあります。

この度の情報が、ご参考になれば幸いです。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示