ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 経理担当者が突然倒れたら… -2016年10月05日号
 

経理担当者が突然倒れたら… -2016年10月05日号

2016-10-05

『 経理担当者が突然倒れたら… 』

「経理担当の〇〇さんが、急に倒れたらしいです!しばらくは出社
できないようです」

ある会社の出来事です。
社長は頭を抱えて、困ってしまいました。もちろん、経理担当の体の
心配もありますが、それだけではなかったのです。

その経理担当者は、経理処理だけでなく入出金管理まで行っているので、
彼がいないと「資金繰り」まで止まってしまうからです。

経理には他のメンバーがいますが、作業を手伝うだけで、管理業務は、
すべて一人で行っていたので、なんともなりません。

経理処理なら少し遅れても後で追いつけるけれど、資金繰りが誰も
分からない状態では、企業の存続に関わります。

「うーん、誰か、彼の代わりができるようにしていくべきだった!」
と考えても、すでに遅し・・・

上記のような話は多々あります。登場人物が、経理に限らず、生産現場の
責任者だったり、店長だったり、もしかすると社長自身だったりするかも
しれません。

このような困った状態を回避するには、業務を文章やフロー図にして、
「見える化」を行い、いざと言う時に誰でも対応できるようにしておく
ことです。

この「業務の見える化」をすることはメリットは多くあります。
①上記のように「いざ」と言う時に別の人が業務ができる
②異動、退職時に引き継ぐがスムーズに行える(漏れなく、ダブりなく)
③「見える化」する過程で不都合が発見でき、業務改善ができる
④経営承継やM&Aする時に、業務の移行がしやすい
⑤顧客や取引先との関係の不都合が改善し、業績が伸びやすい

実は、この部分が、中小企業と大企業の大きさな差です。
会社規模の違いではなく、上場する時に「これらの社内体制整備を
行うから、上記のような問題が起きにくい組織になって上場する」
からです。

しかし、上記のようにメリットは多いので、上場を目指さなくても、
「業務の見える化」はしていくべきです。

特に、最近では、経営継承やM&Aなどの時に、「株や税の話以外に、
注意するべき点は?」という相談も多くあります。

まさに、この「業務の見える化」は、すべての企業にとってメリットが
ありますが、経営継承やM&Aを検討する企業であれば対応すべきだと
考えます。

「業務の見える化」について、「具体的には、どのようなことを
していけば良いのか」は企業によっても違いますので、ご興味があれば、
ご気軽にご相談いただければと思います。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示