ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 連帯保証債務について -2013年11月13日号
 

連帯保証債務について -2013年11月13日号

2013-11-22

『連帯保証債務について』

中小企業が資金調達しようとするときに、ほとんどの場合、経営者が
連帯保証人になります。

このように、「資金調達=経営者の連帯保証」は当たり前だと感じて
いる方が多いので、銀行などから言われた通り、印鑑を押しており、
それほど深く考えずに、連帯保証債務を負っている場合もあるのです。

しかし、事業が拡大している時は、借入が増加して行く傾向がありま
す。経営者としての経営責任はどんどんと大きくなり、それに伴って
連帯保証をしている額も大きくなります。

その時に、連帯保証債務・連帯保証人と言うものがどういうものかを
知らないままではリスクも併せて大きくなっていると言えるのです。

リスクを負うのも経営者の責任と言えば、それまでですが、リスクの
内容を知っていて対策を考えているのと、なんとなくのリスクを感じ
て不安に想っているだけとは大きく結果が違ってきます。

連帯保証債務がどのような意味を持って、その対策を考えておく必要
はあるのです。

また、会社を経営していくうえで、入り口もあれば出口もあるという
ことも忘れやすいことです。

銀行借入で言えば、入り口は借入で、出口は返済です。
また、会社運営全体で言えば、入り口は起業や創業と言う事ですが、
出口と言うのは、相続や事業継承です。

この出口の事を忘れがちです。出口になってから対策を考えて遅い場合
もあります。早めに、銀行対策(返済や連帯保証債務などの対策)は
考えておくほうが良いのです。

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

メールマガジン


Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示