ホーム > 15.メルマガバックナンバー > 金融機関との温度差 -2018年12月05日号
 

金融機関との温度差 -2018年12月05日号

2018-12-06

『 金融機関との温度差 』

担当している顧問先で、こんなことがありました。

当該顧問先は、大幅な債務超過に陥ったのですが、その後、事業再生
コンサルティングで参加させてもらい、10ヵ年での債務超過解消計画
を策定致しました。

その後、行動計画通りに動けているか、予算実績の対比はどうか、
金融機関の対応はどうか、いろいろと一緒に取り組んで参りました。

その結果、10ヵ年で策定していた計画が、5ヵ年で達成できてしまい
ました。
しまいました、というのは変ですね。見事に計画の半分の期間で達成
することができました。

高収益体質になったこともあり、直前期では、1千万円超の法人税等を
納めるほどになりました。

金融機関の対応はというと、当初は、借り剥がし、借入不可、厳しい
言葉遣い、という状態であったのが、最近では、いくら要りますか、
為替予約もお願いできますでしょうか、借りてほしいのですが、等々、
コロッと変わりました。

こちらとしては、まずは協会保証をプロパーに切り替えてくれるように
依頼し、次に、経営者保証を外してくれるように、順次、依頼して、
結果、現在では、すべて経営者保証なしのプロパー融資のみとすること
ができました。

こうした中、業績が改善しだしてから、金融取引を開始した地方銀行
から、提案があり、以下のようなやり取りをされたとのことでした。

  地銀 「社債をやりませんか?」

  顧問先「ウチにとって何のメリットがあるの?」

  地銀 「◯◯支店としては、社債は初めてなのです!
      一番最初のという栄誉があります!」

  顧問先「今までも言ってきたが、ウチのビジネスモデルを理解して
      いるのであれば、そうした提案が出てくるはずないよね。」

  地銀 「ですが、そこを何とか。。。」

  顧問先「それ以上、このような提案を続けるのであれば、もう、
      そちらとは取引しません。出入り禁止だ!」

  地銀 「す、すみません。もう二度と社債の話はしません。。」

このタイミングで社債の提案とは、自分も怒りとともに、やはりこの金融
機関の文化はダメだと再認識しました。

このように、現在の金融取引の流れについていけていない金融機関は存在
します。

こうした金融機関は、企業の業績が悪くなると、打って変わって、追加の
担保や連帯保証人の要求、必要以上な資料の作成要求、ひどい言葉づかい、
になります。

金貸し、ということも理解しているのですが、やはり、地域の金融機関と
しての矜持を持って、関係性を築くことに注力してほしいものです。

そのためには、取引先企業のビジネスに興味を持ってほしいです。企業側
も興味をを持ってもらうべく、持ち続けてもらうべく、行動をしていく
必要がございます。

貴方の取引金融機関はいかがでしょうか?
これからも長くお付き合いのできる金融機関でしょうか?

定期的な接触をおこなうことで、互いの情報交換をして、見極めて参り
ましょう。

ビジネスパートナーになり得るか、考えて参りましょう。

この度の情報が、ご参考になれば幸いです。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示