9月, 2017年

▼Q.233 会社経営をしているものですが銀行に融資を依頼したら自宅(土地・建物)妻名義を担保に提供すれば融資を実行するという回答がありました。その際、今後のことも考え根抵当権の設定をされたほうがいいと言われました。いまさらですが抵当権設定と根抵当権設定の違いについて教えてください。

2017-09-29


▼A.233
『抵当権』とは、特定の債権を担保するものです。たとえば住宅ローンなどで金融機関などから借入を行った際に土地・建物を担保として提供することをいいます。借入金が返済できなくなった場合は、土地・建物を売却して残金を返済することになります。

これに対して『根抵当権』は、継続的な取り引きの中で出てくる不特定多数の債権を担保するものになります。
根抵当権を設定する際には、担保の限度額を決めておく必要があります。このときに決められた担保の限度額を極度額といいます。
居住されている自宅に『根抵当権』という話は、銀行融資の場合よくあります。ただ、奥様名義ですので慎重にご検討ください。
また、近年 事業性融資など連帯保証、担保を提供しない融資の検討を行っているいる銀行も増えてきておりますので各金融機関に対して
相談してきてください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

メインバンク制に頼ったら、企業は潰される? -2017年09月27日号

2017-09-28

『 メインバンク制に頼ったら、企業は潰される? 』

事業性評価やライフステージ、金融仲介機能のベンチマークといった
新制度により、昨今銀行の対応に変化が起こりはじめたのは
間違いありません。

特に、金融仲介機能のベンチマークの中でも、全地域金融機関に求められる
共通ベンチマークの中には

「金融機関がメインバンク(融資残高1位)として取引を行っている企業のうち、
 経営指標(売上・営業利益率・労働生産性等)の改善や就業者数の増加が
 見られた先数(先数はグループベース。以下断りがなければ同じ)、及び、
 同先に対する融資額の推移」

というものが一番目に記載されており、
メイン取引を行っている中小企業に対しては、メインバンクとして積極的に
支援取組みを行うことを求められています。

売上や、利益率に関する銀行員からの質問は、増えているのでは
ないでしょうか?

◆メインバンクの横暴が始まる?

メインバンクというのは、率直に言って銀行にとって
「自分たちの言うことを聞かざるを得ない企業」でもあります。

何しろ、メインバンクが蛇口を閉じてしまえば、企業がどうなるのかは
明らかですから。

既に半分以上の地方銀行は、本業(貸付業務)では赤字化している
といわれる今日、「メインバンク」は企業に何をしているかというと…

以下、私(弊社)が実際に企業経営者から伺った内容です

・融資実行後に保険の加入を半ば強制され、かつその保険に
 担保(質権)をつけられた

・リスケ中に不動産売却の話をもってきた。売却自体はOKだったが
 「他社との競合」を拒否、売却時に仲介手数料をその
 「メインバンク」に支払うことになった。
 他に、もっと高額での打診があったにも関わらず。

・事業譲渡の話をもってきて、売れ、売れと言って聞かない。
 事業は既に黒字を回復しているのに。
 M&Aの仲介手数料が欲しいとしか思えない

…メインバンクであることの支援が、銀行が手数料を受け取るための
サービスの押し売りになっているわけで。
それも会社の存続については(経営者の望む方向で)考えているとは
思えない方向に振れている事象が起こり始めました。

◆企業の自衛のため

むしろ、これまで以上に企業は自らを守るため、
銀行(地域金融機関)に対して対応しなくてはなりません。

私としては、お手伝いさせていただいている全ての企業様に

・一つの金融機関に融資シェア50%超には、絶対にしない
・メインバンクとの取引が切れてしまっても、資金繰りが可能である

ことを前提としています。
頼らなくてはいけないというのは、過剰な要求を受けても
断れない、ということです。

そんな状況に追い込まれてはいけませんし、
なってしまっていたら一刻も早く、脱却するべきなのです。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

ある会社の1コマ <会社のピンチ>

2017-09-27

9月も残りわずかとなりすごしやすくなりました。
これから気温が下がっていくようですので体調管理は、気をつけてください。

私は、以前プラスチックの製造(M社)会社の役員をしておりました。

当初会社を立ち上げてしばらくしてから気づいたことですが前社長(S氏)の資金流用に気がつきました。対策を検討し辞職してもらいました。当人は自己破産をしましたが影響は、M社にもありました。銀行より何度も呼び出しがあり、事情を聞かれました。
S氏は、もう1社会社を経営しており、お金は運転資金、遊戯費に流用したようです。
よって、銀行としては、2社がグルで資金をどこかに隠しているのではないか? と疑っていたようです。
何度かの呼び出しの末、疑い晴れ、私どもを信頼していただいたようです。

事業計画を細かく説明し、信頼を勝ち取りました。
銀行としては、バックアップを行う。今後、資金が必要になれば相談にのるとの回答でした。
実際に融資の依頼をしたところ5,000万円の融資が実行されました。
また、ファンド、県の技術機関などもご紹介いただき、大いに役立ちました。

人の信頼を勝ち取るには、実績も大切ですが事業に向けた真摯な姿勢も必要となります。
協力者は、人物をみて融資、商品取引を行います。

世の中には、ある日突然、目の前に大きな壁が現れます。
協力者を得てみなで難局を打破していくことでより強固な組織にもなります。
自分に自信を持ち難局を突破していただきたいですね!!

皆さんも1度や2度は、壁にぶつかっているのではないでしょうか?
その際、必死に考え、対応策を考えられたことと思います。
その経験を活かし今後も更なる発展を行っていただきたいと思います。

 


「小林 憲司のある会社の1コマ」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
小林 憲司のある会社の1コマ:目次


 

最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

▼Q.232 私たちは事業を営んでいる老夫婦ですが、訳あって、娘名義の居宅を建て、そこに住んでいます。今住んでいる居宅は、娘が私たちより先に亡くなってしまった場合、娘の旦那や孫に相続されることになると聞きました。その場合、このまま引き続き、住み続けることができるのか不安です。何か良い手立てはないでしょうか?

2017-09-22


▼A.232
質問者の経営者ご夫婦の娘さん[子]の法定相続人は、通常、そのご主人[配偶者]とその子ども(経営者夫婦から見ると[孫])になります。

娘さんが跡継ぎである場合は、余程、問題はないと思いますが、娘さんがご主人の家に嫁がれた場合は、少々、話がややこしくなることも懸念されます。こうした場合の対処に適した方法として、家族信託(民事信託)というものがあります。まだまだ広く知り渡っていないもので、一部の専門家しか対応できないものではありますが、スキームとして存在しています。相続に限らず、事業承継でも重要な役割を果たすであろう手法です。
お困りの事案がございましたら、ご相談くださいませ。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

お客さんを獲得する展示会 -2017年09月20日号

2017-09-21

『 お客さんを獲得する展示会 』

私は、以前 プラスチック成形メーカーの役員をしており、顧客開
拓には、苦慮しておりました。

新規顧客獲得方法は、様々ありよく営業で言われるのは、アポとり
提案型営業を行う方法です。

もちろんこの方法も獲得できるひとつの方法ですが時間がかかり
即効性はあまりありません。

今回ご紹介する【展示会】を活用する方法です。
【展示会】といえば新商品の発掘、情報収集などのためいかれる方が
多いかと思いますが

私は、新商品の発掘、情報収集の目的もありますが新規取引先を求め
て行っておりました。

ほとんどの出展者は、会社・商品 PRを行うためにきているわけで
参加企業は、上層部の方が必ず参加してされております。

また、ブースに興味を持って近づくとかならず説明をしていただけます。
新規に営業訪問をしようとしても接触できない方が先方より説明をして
くれます。

もちろん接触する前にあらかじめ相手先の企業を調べ接触する必要は
ありますが小さな展示会でしたらすべての出展者と接触してもかまいません。

一通り説明を聞いた後、自社の説明をし後日訪問することを伝えることが
重要です。展示会は、多くの方が訪問されるため 自社の興味を持って
いただくことと次回のアポをとることが重要です。

私は、展示会情報を調べ参加し、受注を獲得しておりました。

是非みなさまも展示会に参加し、受注を獲得してください。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

▼Q.231 2017年9月に、信用保証付き融資(マル保)とプロパー融資の併用を促進する、という新聞記事が掲載されましたが、どういうことでしょうか?

2017-09-15


▼A.231
元々、マル保融資に対して責任共有制度というものがあり、保証協会が保証をするのは融資金額の概ね80~100%となっています。

今後この保証率は下がっていく公算ではありますが、それとはまた異なる見地で、例えば「日常的に必要な運転資金は短期のプロパーで」「返済に時間のかかる設備資金などの長期資金はマル保で」というように、必要な融資の内容でマル保融資とプロパー融資を使い分けたり、融資支援をする際にマル保とプロパーの比率を予め決めておくこと(主に保証協会と金融機関で)などが具体的な対応として挙げられています。企業側の対応としても、単にプロパーで借りたい、保証協会を使いたい、ということではなく、借りる内容や資金使途をよく事前に検討することが、制度の有効な活用に繋がることでしょう。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

信用保証協会からの第三者連帯保証人の徴求 -2017年09月13日号

2017-09-14

『 信用保証協会からの第三者連帯保証人の徴求 』

先日、顧問先の社長が逝去されました。

それに伴って相続が発生します。

プラスの財産もあれば、マイナスの財産もあります。
マイナスの財産の中には連帯債務もありました。

事前に、相続が発生した場合に備えて、ご家族の方々と、いろいろ
考えておいたので、もめることもなくスムーズに財産分割すること
ができました。

また、逝去された社長は、代表者保証を負っておりました。加えて、
息子様も、専務取締役として、連帯保証を負っておりました。

 社長(父)
 専務(子)

 ※ともに連帯保証人

こちらについても対策を考えておりましたので、専務取締役(子)
が代表取締役社長になることで、金融機関における連帯保証も子で
ある息子様が単独で引き継ぐことで依頼していきました。

 新社長(子)

 ※連帯保証人1名のみ

その手続きにおいて、金融機関は、まずはプロパー融資から進めて
いってくれました。

各金融機関のプロパー融資は、新社長(子)単独という形での手続
きで問題なく進んでいたのですが、保証協会から、連帯保証人が、
もともと2名であったのだから、新体制においても2名にしてほし
い、とメインの金融機関を通じて連絡がありました。

こちらとしては、金融機関として、プロパー融資は連帯保証人1名
でよいと判断しているのに、保証協会融資に関しては2名必要とい
う矛盾について説明を促すと、金融機関の立場としては、保証協会
が2名必要と言っているのであれば必要であり、この手続きが締結
されないのであれば、3ヵ月で代位弁済になります、との回答でし
た。

到底納得しがたい説明であったので、こうしたケースにおける情報
収集を改めてした上で、保証協会に伺うことにしました。

保証協会に伺うまでの間に、メインの金融機関に対して、引き続き、
納得できない旨を伝えていた効果があったのか、保証協会側でも協
会内で協議してくれていたのか、わかりませんが、新社長と一緒に
保証協会に伺った際には、すんなり、連帯保証人は新社長1名で了
承が取れました。

いろいろな準備をして臨んだので、少々、拍子抜けの感もありまし
たが、問題なく手続きができる運びとなったので良かったです。

今回のケースにおいて思ったのは、弊社のような専門家が顧問とし
て入っていなかったら、どうなっていたかということです。

金融機関や保証協会の”言いなり”でそのまま契約手続きを進めてし
まったかもしれません。

実際に、当該顧問先の以前の別の相続においては、金融機関の言い
分で手続きを進めてしまった経緯もありました。

特に、連帯保証に関しては、ご家族に与える影響は、とても大きい
です。

よくわからないことがあれば、まずはセカンドオピニオンでも何で
も結構ですので、弊社へご相談ください。

一緒に、何らかの解を探して参りましょう。

この度の情報が、ご参考になれば幸いです。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

名古屋熱血コンサルタントの日記Vol.21

2017-09-13

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回も前回に続き日本金融通信社様(ニッキン)の記事より
『金融庁 地域銀の収益悪化に警鐘』について情報共有させていただきます。
この記事は2017年7月21日に掲載された記事です。

金融庁は地域銀行の収益力の悪化に懸念を強めており、独自の試算から半数以上の地域銀行で本業の利益が赤字になっていると分析。
7月中旬の業界団体との意見交換会で、森信親長官がビジネスモデルの早急な見直しを求めたものです。

コア業務純益から有価証券収益を除いた利益を【本業から得られる利益】と定義し、融資と手数料ビジネスを本業と位置づけ、2017年3月期決算を分析した結果、5割超の地域銀がマイナスとなり、2016年3月期の4割から悪化したもの。
昨年の秋に2025年3月期に6割超の地域銀で本業の利益が赤字になるとの試算を示していたが、今回の試算ははるかに予想を上回るペースで利益が減少している実態が浮き彫りにされたもの。

実際の決算においては、コア業務純益が赤字になった銀行は少数だが、投資信託の解約益等で業務純益を上乗せしているだけなのか・・・

今後、金融機関様も生き残りをかけて、手数料収入の増強等も十分考えられると思います。
実際に条件変更手数料が当たり前の様に発生。金融機関の都合で3ヶ月ごとの見直し、6ヶ月ごとの見直し、そもそも金融機関様の都合なのに、毎回手数料を徴求されるのもどうかと思います。
これも手数料収入の増強等と考えるとぞっとします。
金融機関様に『地域に密着した金融機関様として企業様をしっかりと支援していただきたい』
と私は思います。

また、誰にも相談できない…… 何を相談していいかわからない……相談する人がいない……
  どんな些細な事でも私に相談してください。

 私のモットーは、最後まで諦めない!最後まで全力でサポートする!です。
  エクステンド 名古屋オフィスのヤマナカがとことん一緒に対応させていただきます。

 


「名古屋熱血コンサルタントの日記」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
名古屋熱血コンサルタントの日記


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

▼Q.230 金融機関がよく枠があるとかないとかという話をされますが、そもそも枠とはどういう事なのでしょうか?

2017-09-08


▼A.230

通常、「枠」というのは、一定限度までは随時に借入することが出来る借入枠のことを一般的に指します。業績に問題がない場合等、無担保で手形貸付や当座貸越の形態にて一定限度額(極度額)まで融資枠を設定するものがあります。(場合によっては担保提供を行う場合もあります。)

企業にとっては、簡単な手続きで自由に銀行融資を受けることが出来ますので、非常に利便性が高いものと言えます。ただし、多くの場合この融資枠というのは便宜的なもので、業績悪化などの変化があれば金融機関は枠の利用を停止することもできるのです。したがって一定の枠まではいつでも融資が受けられるとは言い切れないところがあるのも事実です。また通常の金融機関との話の中で、『保証協会の枠はあといくらある』とか、いう言葉を利用される場合がありますが、それは言葉の間違いであると思います。枠とは事前に承認を得た極度額の利用反復であり、保証協会の場合は、無担保枠いくら?、有担保枠いくら?は融資の約束がされているものではありませんので注意が必要です。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

当地区の信用金庫様の決算短信 -2017年09月06日号

2017-09-07

『 当地区の信用金庫様の決算短信 』

今回は、先日ニッキン((株)日本金融通信社)に記載された、
『全国264信用金庫決算短信平成29年3月期』より当地区の信用金庫様は
どの様な業績を収められたのかお話しさせていただきます。

当地区には、愛知県:15信用金庫、岐阜県:6信用金庫、三重県5信用金庫の
合計26の信用金庫様が存在します。
え~そんなにあったかな? と思われていいる方も多いかと思われますが、
私がもっと驚いたのは、全国264信用金庫様のうち、
業務純益(企業でいう営業利益)がマイナスは3信用金庫、
経常利益がマイナスは3信用金庫、
当期純利益がマイナスは3信用金庫、
(マイナスになっているのは合わせて6信用金庫様のみ)
という事です。

ではこの地域はどうなのか? この地域は大型の信用機関様も存在し、
地方銀行様以上の規模の信用金庫様が存在する地域でもあります。
規模(資金量全国順位)の大きい順にご紹介させていただきます。

全国 3位 岡崎信用金庫様(自己資本比率12.81%)  
資金量 29,105億円 業務純益 3,916百万円 経常利益 4,338百万円
 当期純利益 3,258百万円

全国11位 岐阜信用金庫様(自己資本比率 9.31%)
資金量 22,818億円 業務純益 6,305百万円 経常利益 5,178百万円
 当期純利益 4,226百万円

全国12位 瀬戸信用金庫様(自己資本比率14.64%)
資金量 20,896億円 業務純益 2,773百万円 経常利益 3,164百万円
 当期純利益 1,716百万円

全国13位 碧海信用金庫様(自己資本比率16.98%)
資金量 19,675億円 業務純益 4,941百万円 経常利益 5,629百万円
 当期純利益 4,105百万円

全国22位 豊田信用金庫様(自己資本比率13.45%)
資金量 14,355億円 業務純益 2,749百万円 経常利益 3,105百万円
 当期純利益 2,295百万円

全国26位 蒲郡信用金庫様(自己資本比率14.82%)
資金量 11,990億円 業務純益 2,728百万円 経常利益 2,943百万円
 当期純利益 1,934百万円

全国27位 西尾信用金庫様(自己資本比率20.11%)
資金量 11,328億円 業務純益 4,028百万円 経常利益 4,307百万円
 当期純利益 3,091百万円

全国32位 東濃信用金庫様(自己資本比率16.74%)
資金量 10,642億円 業務純益 3,387百万円 経常利益 3,285百万円
 当期純利益 2,189百万円

三重県の最高は桑名信用金庫様の92位が最高順位となりました。

尚、この地区の第二地銀様(愛知銀行様、名古屋銀行様、中京銀行様、
第三銀行様)がありますが、
第二地銀様より大きな信用金庫様が当地区には多く存在するのも特徴かと
思います。
皆様も一度取引金融機関様の決算短信、ディスクロージャー誌を見てください。
                                        以 上


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan
« Older Entries
Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示