1月, 2019年

金融機関が少しずつ変わってきている -2019年01月16日号

2019-01-17

『 金融機関が少しずつ変わってきている 』

今回は、『金融機関が少しずつ変わってきている』についてお話をさ
せて頂きます。

昨年末より融資の相談(2,500万円)で金融機関と打合せを行ないまし
た。
地銀2社、信用金庫1社、信用組合1社に対して同様の情報提供を行い
設備資金の提案を依頼しました。

以前の借入状況などにより提案内容が違っておりました。

■地銀Aは、すべてプロパー融資で対応し、金利も他行と同様でした。
 地銀Aは、新規で来訪され、融資提案があり、今回2回目の融資でし
 た。担当者及び支店長も来訪され積極的でした。
 提示条件は、すべてプロパー融資で金利もメインバンクより少し
 低いものでした。

■地銀Bは、従来からの取引でメインバンクです。担当者が代わり、
 訪問・提案が少なくなっていました。さらにメインバンクだから
 自社に相談があるだろうといった姿勢に見えました。
 さらに保証協会付融資しか出来ないとの回答でした。

■信用金庫Cは、サブメインとして出来ること出来ないことを明確に
 言ってくれる担当者です。今回の案件は、メインでないと自社は、
 保証協会付の提案しか出来ません。しかし、今回は無理だと思われ
 ますが次回は、プロパー融資提案を出来ると思う。さらに決算書の
 内容の深堀、今後の会社方針・方向性・人材育成・狙うべき市場
 なども詳しく聞き取りを行ないます。

■信用組合Dは、取引先からの紹介で店舗が近いといった条件もあり
 融資相談を行ない提示して頂きました。
 プロパー融資で地銀Aとほぼ同一条件でした。
 融資取引の実績はありません。

結果、地銀Aに融資依頼をしました。
過去も含めた借入状況の差はありますが各金融機関(特にメイン金
融機関)の対応には、驚かされました。
メインとかサブなどは、なくなってきているとはいえ、各金融機関では
まだ、残っていると思います。

「事業性評価」融資も増加している銀行も増えてきております。
また、多くの金融機関では、次年(2019年)は、金利を上げるよう本部
から指導を受けているそうです。

金融機関は、経済産業省が「ローカルベンチマーク」を、金融庁が
「事業性評価」を推進する中、「知的資産経営」の重要性がますま
す高くなっており金融機関及び担当者の資質が問われてきておりま
す。

金融機関も変わっていかなければなりませんが経営者も変わらなけ
ればなりません。

自社の知的資産の洗出しを行なってみて下さい。
その上でどの金融機関と取引するのかを検討してください。

この内容が今後の経営にお役立ちできれば幸いです。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

変わりつつある? 金融機関 -2019年01月09日号

2019-01-11

『 変わりつつある? 金融機関 』

昨年末は、担当している顧問先で、嬉しいことがありました。

ひとつは、条件変更中の顧問先で、金融機関による第三者連帯保証の
解除を3~4年前から依頼していた案件についてです。

担当が変わったりしたこともあり、なかなか進展しなかったのですが、
ようやく昨年末に解除OKの連絡がありました。

解除するためには、いろいろな条件提示もありました。
各金融機関に協調体制を取っていただいていることもあり、受けた
条件提示の中から、対応でき得るもののみを指し示し、それに応じて
いただくことができました。

これで第三者との関係性もこじれることなく継続することができそう
です。

もうひとつは、金融取引の正常化です。

こちらも、3~4年前から金融機関に対して、依頼してきた案件です。

条件変更中でしたが、メイン行としては保全がしっかり取れている
ために、動くのに抵抗をしている状況でした。

何度もやり取りをして、ようやく動いてくれた案件です。

これで攻めの戦略を進めることができます。

金融機関としては、現状、保全できている状況を緩和することは、
あまり、ありません。

条件変更中であれば尚更です。

ただ、時間はかかりますが、じっくりと話し合いをすることで
企業側の考えに耳を傾けてくれることも充分あります。

この度の情報が、ご参考になれば幸いです。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

名古屋熱血コンサルタントの日記Vol.37

2019-01-09

新年あけましておめでとうございます。

エクステンド名古屋オフィスではどんな些細なお悩み事でも皆様と一緒に考え、一緒に解決していきたいと考えておりますので、本年もよろしくお願い致します。

名古屋オフィスでは昨年12月に開催させていただきました個別相談会が非常に好評でありましたので、本年も1月16日(水曜日)2月14日(木曜日)に再度開催させていただきます。
1月16日開催分は残りわずかとなっておりますので、これを機に相談してみたいという方は、弊社HPより申し込み手続きをお願い致します。

■【個別相談会】 銀行とのつきあい方 「再生融資」「プロパー低金利融資」「無保証化」
https://www.extend-ma.co.jp/c28485-2/

今回は新年早々ということもあり、過去を振り返ってみたいと思います。

年末に今年の漢字という言葉をよく聞かれたと思いますが、過去6年間(私がコンサルタントになってから)どの様な意味から今年の漢字が決まったのかをお話しさせていただきます。

2013年 輪 2020年夏季五輪東京誘致成功 
2014年 税 消費税増税
2015年 安 安倍内閣による安保関連法案の成立が注目を集めた
2016年 金 リオデジャネイロオリンピックの日本人選手の金メダルラッシュ
2017年 北 北朝鮮による、度重なるミサイル発射や核実験強行による北朝鮮半島情勢緊迫化
2018年 災 北陸豪雪、東日本豪雨、大阪府北部地震、北海道東部地震、台風21号等の自然災害を痛感した年

私自身、2018年は2013年に目標を掲げた目標を達成した区切りの年でもありました。
皆様も事業を策定されて、日々目標達成にむけて努力をされているかと思います。
私の今年の目標は・・・(心に秘めて新年をスタートさせました)
でも私のモットーだけは今年もかわりません!

最後まで諦めない!最後まで全力でサポートする!です。
  エクステンド 名古屋オフィスのヤマナカがとことん一緒に対応させていただきます。

 


「名古屋熱血コンサルタントの日記」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
名古屋熱血コンサルタントの日記


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
スマートフォンサイトを表示