▼Q.137 岐阜県の方からのご相談です。「金融円滑化法終了後、リスケジュールを更新していって、銀行の返済額を少しずつ増やしていますが、月末の資金繰りのことばかり考えています。どうすれば良いのでしょうか?」(メールによるご相談事例)



▼A.137
返済金額を少しずつ増やして、借入金を返していくという行為は、良いことです。

しかしながら、月末資金繰りが厳しいということは、会社に見合った繰越残高が足りない、返済金額が稼ぎ出しているキャッシュ以上になってしまっていることが、考えられますので自社にとって安全な繰越残高を設定し、それに達するまで銀行の支援を仰ぐ、即ち返済条件の見直しをする必要があります。月末繰越残高確保が出来れば資金繰り不安が解消されますので、是非実行してみてください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】稟議の5原則