[コラム]組織

ある会社の1コマ <女性の活用>

2018-10-24

朝夕は、かなり冷え込んできました。昼と気温差がありますので服装に
困る日も多くなってきました。体調管理には、くれぐれもご注意ください。

今回も私が経験したことをもとにお話をさせて頂きます。

M社は、プラスチック製浴槽などの型・製品を手がけていると同時に
塗料開発メーカーと一緒に断熱、遮熱塗料の開発販売なども行ってい
ます。

受注が増加し、総動員で生産を行なっていました。
中小企業ですので社長以下、役員も現場で生産に追われていました。
生産が追いつかず、徹夜作業後にお客様の工場の納品をしておりました。
しかし、連日の疲労がたたり、運送途中で経理担当役員が高速道路上で
事故を起こしてしまいました。
トラックは、大破しましたが本人は、無事でした。

こんな状態で生産を続けていたらいずれ会社は、崩壊してしまうと考え
人員の増員と生産の一部外注委託を行ないました。

増員した中には、経理担当の女性も含まれていました。
女性は、40代半ばで経理の経験があり、順調に仕事をこなしていきました。
在庫管理、製品の出荷などで工場とも交流が増えていきました。

ある日、女性社員より工場の生産が忙しそうですので手伝いましょうか?
との申し出がありました。
あまり期待はしていませんでしたが最初は、組立の補助からやってもらう
ことになりました。非常に機転が利く人で次々に作業をこなしていきました。
気づいてみると成形作業までこなしていました。

工場は、男性でないと、といった思い込みがありました。
一人の女性社員により、考え方が大きく変わりました。
今まで『適材適所』といっていた自分が恥ずかしかったです。

やはり日本の中では、上記のような思い込みが多くみられます。
適材適所を本当の意味で考えていかなければならないと思います。

自社を見直すヒントにして頂ければ幸いです。

 


「小林 憲司のある会社の1コマ」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
小林 憲司のある会社の1コマ:目次


 

最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

ある会社の1コマ <試行錯誤>

2017-06-14

入梅したものの少雨で暮らしやすい日々が続いています。
朝夕は、寒い日もあり過ごしやすいですね!!

今回は、『試行錯誤』について話をさせて頂きます。
M社は、プラスチック成形をおこなう会社です。メーカーより図面を入手し、原形型→マスター型→生産型を製作提供している会社です。特殊な製品は、自社及び協力工場にて生産をおこなっています。

様々な取引先と打合せをおこなっていると“こんなものできないか?”“ここをこのように変えたいんだけど“など要望があります。製造業などでは当たり前の会話かと思います。

M社は、ソーラーを強化ガラスでサンドイッチするのではなく、FRPで積層をおこなってほしいとの要望を受けました。単なる平板ではなくRをつけてほしいとの追加要望もありました。

R形状にするには、型が必要です。取引先よりR形状の鉄板が送られてきました。
一度は、この鉄板に積層し製品を作成しました。ソーラーをサンドイッチしますので表面状態(気泡、含浸状態)がわかりません。初回は、失敗。型をアクリル板に変更し、表面が見えるように工夫して再度、積層をおこないました。前回よりは、効率はupしましたが工数、人員の削減が不十分です。

皆で冗談も言いながら様々な話し合いをおこないました。上司も部下もなく発想し、試作の繰り返しです。

最終的には、透明ガラス板を型にすることに落ち着きました。
製品は、フィルムでソーラーをサンドイッチするという方法です。
平面で製品を作り、R形状などにしたい場合は、別途用意したR形状の鉄板型にサンドイッチしたフィルムごと移動し、その状態で硬化させれば簡単に製品ができます。
その後もフィルム、樹脂、ガラス、などのテストをし、改良を行いました。

従来方法に執着していると新たな製品、工法は完成しません。
他業界の方との情報交換、一度やってみるなどの遊び心を持って仕事をすることも重要だと思います。
私生活の中にも多くにヒントが隠されておりますので広い視野で日々をお過ごしください。

 


「小林 憲司のある会社の1コマ」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
小林 憲司のある会社の1コマ:目次


 

最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

経理・財務の【業務改善】とは?

2017-04-05

成長企業の社長の悩み事で「経理や財務部門の業務改善を
進めたいがなかなか手を付けられない」と言うものがあり
ます。

これは、様々なケースが考えられます。
1【どうしても売上を上げることや、現業部門の業務改善な
どが優先し経理・財務は後回しになっている】
2【経理・財務部門が忙しすぎて業務改善ができる状態では
ない】
3【社長としては経理・財務部門の変革をしたいが、専門性
が高くて口出ししにくい】
4【以前に業務改善に取り組んだが中途半端に終わったので、
またやりにくい】などです。

しかし、中小企業の経理・財務(特に成長企業)は、業務
改善を行うべき企業は多いです。そして、その業務改善を
行うことによって経営全体がよくなることが多いです。

それは「なぜか?」。経理・財務部門はそれ単独で成り立
っているものではないからです。直接、お客様や取引先に
会うのは営業や仕入れ担当だとしても請求書や納品書、お
金の受取・支払の管理は経理・財務部門が行うことが多い
はずです。

また、現業部門(製造や受発注等)も作業をするのは現場
の担当者としてもその資金面の作業をするのは経理・財務
部門です。

つまり経理・財務部門を見て「これは業務改善が必要だな」
と思うのであれば、それらに関連する業務も何らかのの改
善が必要なのです。

よって経理・財務だけを業務改善してよくなるわけでなく、
その他の部門も巻き込んで業務改善が必要な場合が多いの
です。

もちろん、経理・財務部門の中だけでの業務改善もありま
すが、会社全体をよくしようとするならば全体的な業務改
善のキッカケとすることが出来るのです。

※弊社では、「業務改善」支援も行っておりますので、
お問い合わせください。

※※※※※※※※※※※※
平野貴之(著)【社長は現場に出るな!】」全国書店で好評販売中! 


「平野 貴之のコラム」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
平野 貴之のコラム:目次


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

業務マニュアルの正しい作り方

2017-01-11

会社を経営していく中で、「業務マニュアル」が必要だなと思うことも
出てきます。

例えば、今まで業務マニュアルがなく業務の統一化がなく非効率であったり、
ミスが多かったり、退職時の引継ぎができなかったりなどの不都合が起きる
ことによって必要性を感じることはあると思います。

では、いざ業務マニュアルを作成しようとする時に、失敗しやすい例は、
いきなり理想論で業務マニュアルを作ってしまうことです。

上記のような何らかの不都合を解消するために業務マニュアルを作成するので、
理想的なマニュアルを作って、それを実行させれば、上手くいくと思うかもし
れませんが、逆効果です。

現状は、現状で何らかの意味があって、その業務の流れになっているので、
急に理想的だが現状を無視した業務の流れに変えようとしても難しいからです。

そこで、実務を行っている従業員は反発してせっかくマニュアルができても、
実行されないままになってしまうのです。

それを解消するためには、以下のような流れで業務マニュアルを作成していきます。

まずは、現状を文章化したもの(マニュアルの基)を作ります。
そうすれば、あくまで現状を文章化しただけなので、反発は起きません。

そして、次の段階として、その文章化したものを図式化(フローチャート化)
してだれでも見える状態に(見える化)します。

だれでも見える図式化することで、「ここはこう改善した方がよい」という
ことも見える化していきます。

その皆で改善策を考えた上で、それを反映して業務改善を行います。
それをまた文章化したものが業務マニュアルになるのです。

現状に即しながら、皆で考えた改善策なので、実際の現場でも実行できる
業務マニュアルになるのです。

※※※※※※※※※※※※
平野貴之(著)【社長は現場に出るな!】」全国書店で好評販売中! 


「平野 貴之のコラム」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
平野 貴之のコラム:目次


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

業務改善のワナに引っかからないために!

2016-10-12

業績を回復したいとか、業務の流れがよくなくて「業務改善」に
取り組む企業も多いと思います。

現状に何らかの危機感を覚えて、その現状を変えようというのは
事業再生や企業成長のよい機会でもあります。

業務改善の取り組みの結果によって、「砂利道を走っていた車が
急に高速道路を走るぐらいにグッと加速する」ことが多々あります。

しかし、「改善」と銘打っているのに「悪い結果を招く業務改善」
もあるのです。

初めから悪い方向になると分かってやる人はいないので、本来は
「良かれ」と思ってやってみたら失敗だったというケースです。

この「改善の失敗へのワナ」にも様々なケースが考えられます。

その中で、意外に多いのが「改善前の現状認識・分析が不足している」
パターンです。

「業務改善をするということは、すでに何らかの問題点があるので、
その現状を間違えることはないのでは?」と思われるかもしれません。

例えば、「業務のミスが多いことが、従業員の意識づけの問題と認識し、
研修や会議を増やしたが、改善しない」と言う場合に、実は、
「業務フロー(業務の流れ)を改善しただけでミスが減った」という
ことがあります。

この場合で言うと、「本来は、業務フローの不都合がミスの原因である
のに、研修や会議の仕方が悪いと考えてしまったこと」が業務改善に
つながらなかった理由です。

今回は、改善手法(研修や会議の仕方)が悪いのではなく、そもそもの
現状認識(問題点が業務フローであること)を間違ってしまっているだけ
なのです。

このように、業務改善というと、「改善手法」や「改善した後」に
目が行きがちですが、実は、「足元を見る(現状認識・分析)」が
スタートであることを忘れてはいけないのです。

どんなに跳躍力がある高跳びの選手も、踏み切る足元が悪ければ、高く
飛ぶことはできないのですから。

※※※※※※※※※※※※
平野貴之(著)【社長は現場に出るな!】」全国書店で好評販売中! 


「平野 貴之のコラム」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
平野 貴之のコラム:目次


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

名古屋熱血コンサルタントの日記Vol.11

2016-07-20

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私の大好きな夏の高校野球の地区予選がスタートしました。予定外の事が起こるのも高校野球のいいところだと私は思っています。選手たちを見習い、最後まで絶対にあきらめない精神で頑張っていきたいと思っております。
今回は、先日顧問先の代表者の方ではないのですが、その方から教えていただいた成功哲学の言葉をご紹介させていただきます。

もし あなたが敗れると考えるなら
 あなたは敗れる
   あなたがどうしてもと考えないなら
 何ひとつ成就(じょうじゅ)しない
   あなたが勝ちたいと思っても、勝てないと考えるなら
 あなたに勝利はほほえまない

もし あなたが、いい加減にやるなら
 あなたは失敗する
   われわれがこの世界から見出すものは
成功は人間の意志によってはじまる
   すべては人間の精神状態によってきまるということだ

もし あなたが脱落者になると考えるなら
 あなたはその通りになる
   あなたが高い地位に昇ることを考えるなら
 勝利を得る前に、必ずできるという信念をもつべきだ

人生の戦いは、非常に強い人、早い人に歩(ぶ)があるのではない
 いずれ早晩(そうばん)、勝利を獲得する人は『オレはできるんだ』と信じている人だ

この言葉を教えていただいた経営者の方が言われてみえました。
『あきらめたら終わり 絶対にあきらめない』と・・・・
 
私のモットーは、最後まで諦めない!最後まで全力でサポートする!です。
 どんな些細な事でも私に相談してください。
エクステンド 名古屋オフィスのヤマナカがとことん対応させていただきます。


「名古屋熱血コンサルタントの日記」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
名古屋熱血コンサルタントの日記


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

名古屋熱血コンサルタントの日記Vol.10

2016-06-07

皆様いかがお過ごしでしょうか?

既にご存知の方もみえるかと思いますが弊社名古屋オフィスが移転します。
移転先は下記になります。

住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-3-31 CKキリン広小路ビル4階
   TEL:052-221-5225 FAX:052-221-5226

TEL、FAX共に市内局番が変更(旧955⇒新221)になっておりますのでご注意して
ください。

皆様も会社で健康診断もしくは人間ドックを受診されているかとは思いますが、
私も毎年受診しており、今年も6月に受診する予定です。
私は健康診断を受診する事で、自身の悪いところの早期発見⇒早期治療=長生きにつながるかと思っております。
診断の結果には自身の現状が記載されており、全て基準値との比較で記載されております。
この診断結果を基に来年の健康診断は状態が良くなるように目標数値を設定し、
目標を達成するために行動計画を立てるかと思います。
(たとえば体重が多い場合は、目標体重を決定し、その目標を達成するためには運動、食事制限等)

私はこの健康診断は企業でも同じだと考えます。
年1回の本決算が定期健康診断、中間決算が人間ドックだと思います。
決算にて状態が数値化されその数値に基づき金融機関は格付けを実施。
自社の数値と基準値を比べるものが業界平均値だと思います。
業界平均値を参考に自社の数値を比較されているかと思います。
その結果、今回の決算にて悪かった項目については、来年度少しでも改善されるように努力されているかと思います。
(年度初めに、何を・どの様に・改善するのか?)
これが単年度計画ではないでしょうか?
 
健康診断(決算)を終えて、改善策が見つからない!何をどうしていいかわからない!
そんな悩みはありませんか?
早期発見・早期治療を行う事でこれから先、何十年・何百年存続できる企業に一緒にしてきませんか?

どんな些細な事でも結構です。一度相談してください。
最後まで全力でサポートする!が私のモットーです。
エクステンド 名古屋オフィスのヤマナカまでお気軽にご連絡下さい


「名古屋熱血コンサルタントの日記」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
名古屋熱血コンサルタントの日記


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

業績不振と後継者不在

2016-02-09

時代の変化

弊社は事業再生という分野で10年以上活動を続けています。
この10年以上の活動の中で弊社は

『銀行対応』、『資金繰り対応』

をする会社というイメージがあるかと思います。
もちろん『銀行対応』、『資金繰り対応』は現在でも行っています。
ところが10年も経つと色々と状況が変わって来るものです。

例えば、社長の平均年齢
帝国データバンクの「2016年全国社長分析」によると
社長の平均年齢は59.2歳と過去最高を記録しており、
1990年以降上昇し続けています。

また休廃業・解散を選択する企業の代表者は60代が一番多く、
続いて70代と言われています。

2014年の休廃業・解散件数は2万6,999件で
過去10年間で3番目に多い件数となりました。

それに対して倒産件数はというと9,731件であり、
倒産件数の2.8倍が『休廃業・解散』です。

この事からも

『業績不振』 による『倒産』

よりも、

『後継者不在』による『休廃業・解散』が増えている事が予想出来ます。
実際にここ最近の相談内容として、

『業績不振』を起点とする『銀行対応』だけではく、
『業績不振』と『後継者不在』など複合的な相談をいただくケースが増えて来ました。

当然弊社としても『銀行対応』、『資金繰り対応』だけではなく、
『後継者不在』を解決するため、
『事業譲渡』などM&Aに関わる事が年々増えて来ています。

中には2代目は息子に任せるつもりだと考えているが、
まだ話をしていない70代の経営者
話をしたのは良いが、上場企業に勤めており、
戻るつもりはないと断られた60代の経営者

『事業承継』も色々な進め方はありますが、
まずは初めは『後継者候補である方への意思確認』です。

これを先延ばしにすると断られた時はもちろん、
引き受けてくれる場合も承継を行う期間が短くなってしまいます。

自分ひとりで出来る事ではないので、
『後継者候補である方への意思確認』を一日でも早く行ってください。

 


落部直人の『経営研究所』の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
落部直人の『経営研究所』:目次


 

最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

ジョハリの窓

2015-10-05

シルバーウィークも明け、過ごしやすい季節になってきた。
自然が変わっていくのは、環境変化に自らを合わせていく結果である。自らも環境変化に合わせているのかどうか?自問自答する時間を設けるのも大事である。

【ジョハリの窓】

ジョハリの窓という言葉をご存じだろうか?

コミュニケーション理論を学んだり、ワークショップで体験されている方も多いのではないだろうか?

ジョハリの窓とは、自分をどのように公開ないし隠蔽するかという、コミュニケーションにおける自己の公開とコミュニケーションの円滑な進め方を考えるために提案されたモデル。
(引用:ウィキペディア)

上記を読んだだけでは、良く分からないですよね。

分かり易くいうと自分という人間がどういった人間なのか、自分の目、他人の目を漏れなく把握できるマトリックスです。

縦軸に他人が分かっている・分かっていない。
横軸に自分が分かっている・分かっていない。

と分類し、クロスして

開放の窓
秘密の窓
盲目の窓
未知の窓

の4つに分類する手法です。

これを行うことによって、自分という人間がどの様に理解されているか、周りから判断されているか把握することができ、自己の特徴を把握・再発見できるツールとして使われています。

対象が人であればその人の強みを漏れなく把握することが出来、対象が企業であれば企業の強みを漏れなく把握することが出来ます。

良く行われているのは、顧客アンケートで

企業側も見ていなかった強みを他人である顧客が教えてくれることで自社を客観的に理解し、ポジショニングに役立てるというものです。

自分や自社の強みを再発見するツールとして是非ご活用ください。

奥田 雄二

 


「奥田 雄二の再生奮闘日記」の過去記事をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓
奥田 雄二の再生奮闘日記:目次


 

最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

「 中小企業の人材確保のため合同企業説明会等を開催します 」 コンサルタント坂将典の日誌

2015-09-14

2015年08月26日付で中小企業庁のサイトで「 中小企業の人材確保のため合同企業説明会等を開催します 」のニュースリリースが掲載されました。

 「 中小企業の人材確保のため合同企業説明会等を開催します 」

(以下、一部抜粋です)

 中小企業の人材確保のため合同企業説明会等を開催します 

中小企業庁では、中小企業・小規模事業者の人材確保を図るため、地域の事業者のニーズを把握し、若者、女性、シニア等の多様な人材から最適な人材を見つける合同企業説明会、新人向けセミナー等を、来月から全国各地で集中的に行います。

 1.平成26年度補正予算・平成27年度予算により行う地域中小企業人材バンク事業は、地域の中小企業・小規模事業者のニーズに応じ、地域内外の若者・女性・シニア等の多様な人材から地域事業者が必要とする人材を発掘し、紹介・定着まで一貫して支援を行っています。

 2.全国47都道府県で公募により実施事業者が選定されており、今般9月~10月を中心に全国各地で合同企業説明会等を開催することになりました。

 3.また、都市部の若手人材等を発掘し、地域事業者とのマッチングを行うUIJターン人材確保イベントも行います。

 
人材募集しても、なかなか集まらない状況が続いていると思います。中部でもいろいろ催しが開催されるようですので、良い契機としてみてください。

 「 地域中小企業人材バンク事業による合同説明会等(中部ブロック) 」


「コンサルタント坂将典の日誌」の過去記事をご覧になりたい方は
  ↓ ↓ ↓
 コンサルタント坂(ばん)将典 の日誌:目次


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

« Older Entries

Copyright(c) 2011-2016 EXTEND Co., Ltd All Rights Reserved.
PCサイトを表示