振込は、銀行だけのものではなくなる -2019年02月20日号

『 振込は、銀行だけのものではなくなる 』

送金業務、とはいわゆる振込ですが、
実際の資金の輸送・移動を伴わずに残高を移すことであり、
より専門的には「為替」と呼ばれます。

長らく銀行以外の企業は送金業務に
参入することはありませんでした。

2009年に資金決済法が成立し、送金上限100万円以内であること等
の制限付きながら他業者による振込業務参入が認められました。

そして、今回政府は、100万円を超える送金についても広く参入を
認める方針であり、参入条件もそう厳しいものではない見込みです。

◆世の中的には面白い、でも銀行にとっては?

個人間では100万円以上の振込はそう頻繁にあるわけでは
ないですが
「100万円以上も取り扱っていいなら、どんな金額でもやる
 サービスとして事業化する」
という事業家が出てくる可能性は十分過ぎる程にあります。

となると…、利用者としては
・仮想通貨でない、円でも銀行を通さずに決済をする
 サービスが誕生・多様化する
 (仮想通貨のメリットの一つは、決済・送金を銀行を通さない
  で実行することによるコスト=手数料の安さですが、
  仮想通貨でなくとも銀行以外からの振込ができるようになる
  わけです)
・送金業務に競争が発生するため、振込手数料が下がりやすくなる

といった具合のメリットが発生することでしょう。

一方、銀行にとっては…、
・これまで独占的に行ってきた送金業務が規制緩和されることで
 価格競争が発生し、収益性が激減する
・振込に銀行を経由しないため、取引先企業の資金移動状況の
 ウオッチができなくなる

デメリットばかりになりそうです。

◆あおりを受けないように

銀行も収益性を追求しなくてはならないのに、
収益が直接的に減少する方向に向かうこの施策。

私は、銀行が収益欲しさに貸出金利の抜本的引上げを
やり出してしまわないか、を心配しています。

中小企業の皆様におかれては、
銀行にはあまり隙を見せずに、常に銀行を複数選択できる
状態をつくりだすことで、金利・手数料条件を無為に悪化させない
くらいのご対応をしていただければ幸いです。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan