▼Q.225 弊社は、プラスチック製造を行っている会社です。現在は、受注もあり、資金も問題はありません。しかし今後の受注がどのように変化していくかは不透明です。将来に向けた対策を考えておきたいと思います。アドバイスをお願いいたします。



▼A.225

現在は、受注はあるが1年先、2年先はよくわからないといった声は、よく聞きます。日本市場は、人口減少により市場規模が縮小していきます。

その中で大企業などは、海外を視野にいれ進出しております。資金が潤沢にある会社は、海外も視野に入れることは可能ですが中小企業は難しいのが事実です。近年、中小企業においてMAがさかんに行われております。例えば貴社で考えてみますとプラスチック成形以外の金型製作、設計会社を買収し新たな柱の構築を考えることも可能です。また、経営者及び社員に対してヒアリングを行い、各個人の強み、知的資産などを調査することで新たな一面が見えます。その資産を活用し新たな事業構築をおこなったという事例もあります。自社を再度見つめなおすことで新たに進む道が開けます。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan