▼Q.09 起業したばかりですが、資金が借りられません。どうしたらよいでしょうか? (メールによるご相談事例)



▼A.9
創業融資という制度があり、日本政策金融公庫(国民生活事業)や信用保証協会付き融資で取り扱っています。

この制度を使用することが良いかと思いますが、大切なことは、5ヵ年ほどの事業計画(売上計画・投資計画・経費計画・返済計画、等)を立て、その計画の実現可能性が高いと、日本政策金融公庫や信用保証協会(及び融資実行金融機関)に納得させることです。また、創業しようと思っている事業が過去に経験・実績があれば、審査側からすれば融資対象としやすいです。
事業計画は資金調達の面から大切ですが、自社での経営指標でもあり、大変重要なツールです。ぜひ、策定してみてください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

次の記事

【用語集】質権