▼Q.201 日本国内市場で取引している中小企業ですが、少子化や生産拠点の海外シフト等、不安が多いです。当社のような中小企業のこれからの成長戦略について、どう考えていけば良いのでしょうか?



▼A.201

中小企業の多くは、日本国内市場のみで取引している場合が多いです。観光業等での訪日外国人におけるインバウンドの影響は、今後も見込めますが、それ以外の業種はなかなか先の見通しが不透明であることは事実です。

そうしたなかでの中小企業の生き残り戦略のひとつとして、M&Aにおける事業拡大があります。
買い手・売り手の両者にとってメリットが出せるシナジー効果はきっとあります。
M&Aは事業の規模に関わりません。
弊社は中小企業に特化したM&A事業に取り組んでおります。ぜひともお声掛けください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan