▼Q.98 愛知県の方からのご相談です。「リスケ交渉を行ったのですが保証協会の保証料が払えず、銀行より代弁の手続きに入ると連絡がありましたが今後どのようになるのでしょうか?」(メールによるご相談事例)



▼A.98
代弁(代位弁済)とは債務者が信用保証協会の保証つきで借りた融資を返済できない場合に、信用保証協会が金融機関に対してこの返済を肩代わりし、それと引き換えに債務者等へ弁済を求める制度です。

代位弁済の通知があった時はすみやかに、信用保証協会と今後の返済について打ち合わせる必要があります。保証人にも通知が行きますので説明を行ってください。自社の資金繰り状況をもとに保証協会と月々○○円支払うなどの交渉を行ってください。
自宅、工場など土地、建物が担保提供されている場合は、売却して返済を要求される場合もあります。守るべきものを明確にし協力者に支援を仰ぐことも考えてください。まずは、交渉ですが事業収支を確保することが重要です。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan