▼Q.102 岐阜県の方からのご相談です。「決算書を粉飾していたのが金融機関にばれて、新規融資が受けられなくなりました。何か良い資金調達の方法はありますでしょうか?」(メールによるご相談事例)



▼A.102
粉飾決算がばれたのであれば、既存借入している金融機関から融資を受けるのは難しくなります。

銀行融資が難しければ、資金調達方法としてはノンバンク、カードローンなどがありますが、総量規制や地域特性などありますので、調達先については個別案件になり、弊社専門担当が個別にお応えする事も可能ですので、その際は仰ってください。また資金調達の際には資金繰り表を作成し、金利の高い融資については短期融資を基本としてください。その際、調達先に出す決算書は粉飾した決算書は出さずに、、粉飾を修正した決算書を提出してください。実態を話した上で協力してくれるかどうかが肝心です。その為には、今後自社がどの様になっていくのかが、分かる経営計画が必要となってきますので必ずご準備して頂いて、金融機関へ説明してください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan