粉飾と多重帳簿 -2019年06月19日号

『 粉飾と多重帳簿 』

◆粉飾の手法

中小企業でも粉飾…、会計操作というのは、ないとは言えません。
一般的には

・棚卸を積み増しして、売上原価を減らす
・売掛を積み増しして、売上を増やす
・減らすべき資産を減らさないで残し、利益を増やす
・経費を計上せずに、現預金や貸付金、仮払金などに存置して利益を増やす

といった辺りがよく行われるやり方です。
当然、やっていいという訳ではありませんし、程度の問題もありますが
これらは、究極的には銀行に許してもらえる余地が残ります。

というのも、
「積み増ししているものは、存在が会計資料に記載されているもの
 だから、銀行は評価する・しないを検討することで、
 自ら判断できる余地がある」
からです。

分かりにくいでしょうか?
では、その反対を考えてみましょう。

◆負債を計上しない粉飾は、少し分かりにくい

上記の粉飾手法とは異なる手法で

・負債を計上しないことで負債を減らし、純資産(利益)を増やす

というものがあります。
例えば税金や社会保険の未払等を隠蔽するために
行われますが、この場合、評価する側(銀行)からすると
「ないものが、実はあるのでは?」と考えなければなりません。
これは想像力が必要です。

上記の
「会計上計上「済」のものを見て、評価するだけ」
に比べて難しいのです。

従って、銀行からはより分かりにくいものなのですが、
「支払義務が将来的に発生する負債を隠す」ということですから
粉飾の程度としては、より悪質だとされます。

◆多重帳簿のよる粉飾は、負債の中でも「借入」を偽る

多重帳簿の場合は、さらに手が込んできます。
できるだけ簡単に例を挙げると
A銀行、B銀行、C銀行それぞれから1億、計3億の借入が
本当はあるのに、

A銀行には、「AとBから計2億借りている」
B銀行には、「BとCから計2億借りている」
C銀行には、「CとAから計2億借りている」

と言って負債を減らして見せるわけです。

こうなると、A、B、C、それぞれに別々の決算書をつくり
見せることになりますから、まさに「多重帳簿」となります。

この手法は、銀行にとっても許しがたいものになってきます。
なにしろ、銀行に対して「銀行取引そのもの」を
偽ったことになるのですから。

◆粉飾対応

粉飾を隠し続けることは、長期的に会社にとっていいこと
はありません。
今日進んでいる新たな中小企業評価の手法も、全て
既存の粉飾を行うことが「むしろ融資から遠のく」形に
なってきているのです(本メルマガでも触れてきている
ことですが)。

ただ、弊社のお客様企業では
粉飾開示が原因で会社が倒産したことはありません。

説明の仕方と、これからどうするかが問題なのです。

これから粉飾や会計操作はをする、というのは意味がなく、
過去の遺物として残っているものは、適切な姿に戻す
ことが重要であり、
その方法は専門家にご相談されるべきでしょう。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan