▼Q.50 銀行から金利の引き上げの話しが来たのですが、どうしたらいいでしょうか?(メールによるご相談事例)



▼A.50
銀行の貸出金利の基準となっている、短期プライムレートが引き上げとなった場合、証書貸付においては、金銭消費貸借契約書等に金利の説明が記載されております。

契約書等には基準金利が変動した場合は金利が変動する旨が謳ってあり、その契約書等に署名・捺印をしておりますので、金利変動には同意しておりますので、基準金利の変動時は、自動的に金利の変更が行われます。手形貸付等の短期借入金についても、銀行は短期プライムレートが引き上げになった事を理由に金利の引き上げを交渉してきますが、こちらが同意しない限り金利の引き上げは行われませんので、粘り強く現状金利での対応をお願いしていただく事が必要となります。
またリスケを申し出したした場合に、金利の引き上げを交渉してくるケースがあるかと思いますが、こちらについても、資金繰りからこれ以上の金利負担は難しい事を説明し、粘り強く現状金利での対応を交渉していただくといいと思います。また、短期プライムレートが引下げになった場合は、こちらから金利の引き下げを交渉していただくといいと思います。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】長期