▼Q.99 愛知県の方からのご相談です。「銀行に融資の申込をした時に納税証明をとって下さいと言われましたが、どこでどの様にすればとれるのですか?」(メールによるご相談事例)



▼A.99
納税証明書は税務署、県税事務所、市役所等々でとる事ができます。(有料です)

納税証明書には下記の種類のものがありますので、依頼された方に、どこで・どの種類の納税証明書を取るのか確認して下さい。
・納税証明(その1)  :納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明
・納税証明(その2)  :所得金額の証明(個人は申告所得税に係る所得金額、
            法人は法人税に係る所得金額)
・納税証明(その3)  :未納の税額がないことの証明
 科目を指定したものは
 ・納税証明(その3の2):申告所得税及復興特別所得税と消費税及び地方消費税の証明
 ・納税証明(その3の3):法人税と消費税及地方地方消費税の証明
・納税証明(その4) :証明を受けようとする期間に、滞納処分を受けたことが無いことの証明
この納税証明書は本人(法人の場合は代表者本人)が窓口で、本人が窓口に行けない場合は、委任を受けた代理人が委任状を持参し手続きを行う事ができます。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】別段預金

次の記事

【用語集】便宜扱