▼Q.112 三重県の方からのご相談です。「銀行から資金調達しやすい時期やタイミングはあるのでしょうか?」(メールによるご相談事例)



▼A.112
銀行から資金調達しやすい時期は一般的に9月、12月、3月と言われています。

9月は銀行の半期決算の時期である事、3月は本決算の時期である事が要因として挙げられます。銀行員も融資残高目標を達成する事で、自店の評価や自身の評価UPに繋がり今後の出世街道を進む事が出来るからです。
また12月は企業側の資金需要が旺盛になる事から銀行間の競争が激しくなる事が主要な要因です。この時期は銀行側の貸出したい姿勢が強くなりますので、企業側に有利な条件で銀行融資を引っ張り出す事も可能になります。
また銀行の新規開拓を行う場合も、この時期に行う事で普段取り扱ってくれない銀行とも付合いできる可能性が広がります。ただ上記月の終了間際に言っても、時間的猶予が無く取り扱ってくれない事もありますので注意してください。
よって上記時期の1ヶ月程度前から取引したい銀行と融資について打合せを行い、資金調達先の確保・開拓を進めていくとよいでしょう。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】見合い預金

次の記事

【用語集】見返り