▼Q.114 岐阜県の方からのご相談です。「最近リースバックという言葉をよく聞くのですがそもそもリースバックってなんですか? 教えて下さい」(メールによるご相談事例)



▼A.114
リースバックとは、自己で保有する資産を一旦リース会社に売却し、その後直ちに同一資産のリースを受けるリース形態の事を言います。

つまり事業用の資産を売却し、そのまま使用しながら買主に使用料を支払う方式のことです。赤字決算を回避する為等に資産売却を余儀なくされている状態で、操業継続の必要がある場合は、子会社など関係密接な相手を買主として行うケースもあります。リースバックはリースバックを行う資産を担保とした融資とほぼ同じ経済効果を持つと言われております。従前の会計制度は、資産をオフバランスに出来るメリットがありましたが、リース会計の制度変更に伴い多くの場合はこのオフバランスの効果はなくなったと言われております。不動産においては、不動産のリースバックとよばれるものが存在しており、様々なケースで利用されております。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】見せ金

次の記事

【用語集】みなし純資産