▼Q.132 愛知県の方からのご相談です。「債務償還年数は何年が妥当なのでしょうか?」(メールによるご相談事例)



▼A.132
債務償還年数は公式としていくつかありますが、良く使われるのは債務償還年数=(長期借入金+短期借入金-役員借入金-経常運転資金)/(税引後経常利益+減価償却費)になります。

再生計画における債務償還年数は一般的に10年以内が妥当であると言われておりますが、近年は債務超過解消年数が規定値以内であれば、債務償還年数については10年超であっても問題ないという、事例も出てきています。ただ、再生計画を作成する段階でない企業は少ないに越したことはありません。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan