▼Q.221 金融機関によって担保が設定されている不動産を売却する場合には、対価は残債が基準となるのでしょうか?



▼A.221

対価は時価となります。金融機関側としても不動産の売却によって残債を清算したいでしょうが、不動産の評価額はあくまで時価であり、その時価での取引が尊重されます。

事業再生のステージでも不動産売却はよくおこなわれます。単に売り抜けたい場合もありますが、セール&リースバックや買戻しも想定して動くこともあります。その場合はいかに安く譲渡するか、ということに主眼が置かれることもあります。取引額は時価が基準になりますが、それを引き下げる手法がないわけではありません。このあたりにご興味のある方は弊社までお問い合わせくださいませ。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan