▼Q.146 愛知県の方からのご相談です。「親族外承継を検討しておりますが、代表者を変更すれば、連帯保証の承継も問題なくできるでしょうか?」(メールによるご相談事例)



▼A.146
承継にあたって、連帯保証の承継は最重要項目のひとつです。

親族内・親族外にかかわらず、債権者(金融機関)側から見ると、わかりやすいです。簡単に言えば、新しい代表者の個人の資産背景が、現代表者よりも大きければ、問題なく移行されます。逆に、現代表者の資産背景の方が新しい代表者より大きい場合は、法人の純資産といった安全性によっては簡単に移行できないかもしれません。安易に代表者変更すれば、連帯保証も移行されると考えずに、事前に確認してからおこなってください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan