▼Q.310 法人で事業を経営しておりますが、この度、破産申し立てをすることに至りました。連帯保証人している社長である私も個人で破産申し立てをおこなうつもりです。配偶者も連帯保証人になっているのですが、こちらも同様に破産申し立てをしなければならないでしょうか?

▼A.310

法的整理をされるとのことで、お疲れ様でございました。免責に至るまで、まだ少々、時間を要することと思いますが、これからの人生についても考え、培ったノウハウを活かせるものがないか、是非とも、ご検討ください。

さて、配偶者の方に関しましては、所有されている財産や経営への参画状況にもよりますが、経営者保証ガイドラインという制度がございます。破産手続きより、手許にプラスの財産を多く残せる可能性がございます。弁護士先生に依頼される際は、この制度についてもお尋ねしてみてください。

お気軽にお問い合わせください。0120-948-997受付時間 9:30 – 16:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ お気軽にお問い合わせください。