▼Q.02 資金繰りがまわりません。対策はないでしょうか?(メールによるご相談事例)



▼A.2
まずは資金繰り表を1年分作成し回収、支出を明確にしてください。

資金繰表からいつどれくらい不足するのか? を明確にしましょう!
そのうえで不足部分を銀行と交渉し、借入を行う。借入が行えない場合は、条件変更を依頼し、返済金額の減額(リスケジュール)交渉をしましょう!
リスケジュールは、大まかに半年から1年間の返済条件の見直しを行いますので、その間に売上向上策、経費削減策を徹底して行い、資金確保を行ってください。
自社の実態を明確に把握することは非常に大切なことです。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan