▼Q.11 リスケする際にどのようなことを言われるのでしょうか? (メールによるご相談事例)



▼A.11
金融機関と条件変更交渉を行う際、経営改善計画書・5ヶ年事業計画・資金繰り表などの資料を提出します。   

これから改善を行っていくので、借入金返済を一定期間減額の要望です。
よって、計画の内容(売上の根拠、人件費は適正化、販間費の無駄はないのかなど)について、計画が適正化の判断を行ための問い合わせがあります。また、
経営者(社長)の考え方、今回の状況についての自己分析、今後の改善計画に関してどのような決意で実行していくのか?
実行できなかった場合はどのように対応するのか?
どこまで自社分析をし、代表者としての判断をどこまで掘り下げて考えているのか? 決定しているのか?
を聞きだし、判断を行ってまいりますので経営者様が自分で考え、判断を下していくことが重要です。

資料の作成方法やリスケジュール時の対応など、不安に思うことがありましたらお気軽に
お問い合わせください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan