▼Q.39 サービサーに債権譲渡されることになったのですが、サービサーとはどのようなものなのでしょうか?(メールによるご相談事例)



▼A.39
サービサーとは、国から認可された「債権回収会社」のことを言います。国が金融機関の不良債権を円滑に処理するために法律で決めたものです。

金融機関(銀行等)が自社の保有している債権をサービサーに売却し、その債権を償却することで、金融機関の経費にすることになります(無税償却といい、税金を少なくすることができます)。

サービサーは金融機関から債権を額面より安価に買い取り、それを債務者(企業)等に、多少、上乗せして売却することで、利益を出そうとします。債務者に「一括○○円で買い取ってくれるなら、差額は免除します」と言ってくる場合がよくありますが、金融機関から額面より安価に買い取っているため、できることです。ここが債務者にとっては交渉どころとなります。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】TIBOR