▼Q.59 銀行借入金利の引下げは可能でしょうか?(メールによるご相談事例)



▼A.59
通常取引できている企業様であれば、複数の金融機関に競争してもらうことで、支払利子の利率を下げてもらう交渉ができると思います。

利率だけで安易に取引銀行を変更するというには避けなければなりませんが、競争原理を働かせることは経営者として重要な仕事です。仕入と同じですね。

条件変更中の企業様の場合は、時間をかけなければなりません。短期的に利率を下げてくれる金融機関は、なかなかないでしょう。
利率が下がり、営業外費用が減少することで、経常利益が増加し、それが、自社だけでなく金融機関にとってもメリットがあることを示す(例えば、利率を下げることで利益が改善し、債務超過の解消が、より現実的になることを示すことで、銀行側が貸し倒れの引き当てを少なくできる)ことができれば、不可能ではありません。そのためにも債務超過解消までの経営改善計画を策定することはとても大切なことであり、それを金融機関とも共有することで交渉材料としてみてください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】手貸

次の記事

【用語集】手形ジャンプ