▼Q.82 三重県の方からのご相談です。「銀行からの借入れは保証協会付融資のみです。今年6月に不渡りを出してしまいましたが、銀行から借入れをする事は出来ますか?」(メールによるご相談事例)



▼A.82
お客様の出された不渡りは、第1回目の不渡りということでよろしいでしょうか?

実際に不渡りが発生した時点で手形交換所は『不渡報告』に記載し加盟銀行に通知します。その結果融資取引のある金融機関様は不渡りが発生した事実を知り、保証協会様に対し事故報告を行います。その際に今後の対応方針も協議されており、第1回目の不渡りを出した日(手形期日)から6カ月間は融資を受ける事は出来ないと思います。その間は何も問題ないか様子を見ており、融資の審査の土台にものりません。
その後6ヶ月を経過した後に再度金融機関様と保証協会様が協議を行い、今後の融資の取上げについて協議されます。あくまでも融資の申込が出来るだけであり、融資の承認が得られるかどうかはわかりませんので6ヶ月を経過した後に取引金融機関様に相談して下さい。
尚、保証協会様に直接融資の相談を出来る都道府県もありますが、保証協会様が承認を出しても、金融機関様がYESと言わなければ、融資を受ける事はできませんので注意して下さい。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan