【用語集】複名与信

複名与信とは

主に手形割引の別名。単名手形による貸付と異なり、「振出人と借入人が別であり、裏書人も記載があれば存在する」ため、法的にも銀行にとって「最悪の場合、返済を要求できる相手が複数いる」ことから生まれた言葉。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan